「呼び名」は呪文♪


相手の「名前」を呼ぼう♪

気になる男性に、あなたを意識してもらうテクニックがあります。
それは、「相手の名前を呼ぶ」という方法です。
会話の中で名前を呼ぶだけで、あなたの存在を強く印象づけることができます

相手に名前で呼ばれたことがありますか?
「ね」「おい」「あのーすみません」などは呼びかけの表現です。
しかし、まともな対個人コミュニケーションではありません。

名前には、愛称やあだ名も含まれます。
でも、「きみ」とか「あなた」はダメです。
「おまえさあ」なんて、言語道断です。

あなた個人を指す言葉で呼ばなければ、名前で呼ばれていることになりません。
相手を呼ぶ言葉は、大きな影響力を持っています
呼ばれ続けてるうちに、その言葉で呼ばれるにふさわしい人になっていくからです。

たとえば、いつも「おまえ」と呼ばれているとします。
すると、そう呼ばれるのがお似合いの女性になってしまいます。

呼び名はまるで呪文のようです。
あなたと相手との関係を、呼び名がつくり出します。

相手があなたの名前を口にするとき、潜在意識下で「彼のもの」になっているのです。
また、大人のいい女を目指すなら、苦手な人ともスマートにやり取りできる必要があります。

たとえばどうもウマが合わない人がいるとします。
そのような人とうまくやりたいと思ったら、何度でも名前を呼びましょう。

その人を固有に指す呼び名であればOKです。
「そうですよね。○○さん」「○○さん、何が趣味ですか?」「○○さんはどう思いますか?」
という具合に呼ぶのです。

こんなふうに言われて、無関心でいられる人はいません。
いつの間にか、相手があなたに興味を示してくるはずです

その人が「誰とも上手くコミュニケーションをとれない人」だったかもしれません。
いつしか「あなたとだけ話をする人」になっているということだってあります。
名前を呼ぶ」という行為には、それだけのパワーがあるのです。

さあ、今度お客様に声をかけていただいたら、しつこいくらい名前を口にしましょう
「どうして今日はこんなに名前を呼ぶんだ?」といぶしがる男性はいません。
男性はえてしてそういうことに鈍いからです。

でも、潜在意識ではちゃんとあなたの呼びかけを受け取っています。
相手との会話の中で、よくわかるはず。
どんどんご機嫌になってくるのが、手に取るようにわかるでしょう。

いい女は、相手の名前を何度も口にして、男性との距離を縮めます
イマイチな女性は、遠慮して呼ばないばかりに、相手に距離を感じさせてしまいます
今までのあなたはどちらのタイプでしたか?


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム