相談を受けたら「安らぎ」を♪


ロジックに頼らない

このところ、ビジネスシーンでの「論理思考」を推奨する本をよく目にします。
だらだらとしゃべるのはみっともない。
要点だけを整理して、論理的に説明する力を身にちけようという内容です。

「美しい人の話し方」と、倫理的なビジネストークとは、まったく別物です。
もちろん、世の中には「美しい論理」というものはありません。

数学の数式のような、一切のムダやブレがない論理を前にする。
理数系に人は惚れ惚れするかもしれません。
光ブルー、

しかし、世の中には決して「美しい、論理的な話し方」というのはありません
わたしたちは、好きな人たちと数式のような会話をしたいのではないのです。

感情の言葉で、一遍の詩のような
あるいは美しい短編小説のような、心を揺さぶるような会話を望んでいるのです

たとえば、あなたがボーイフレンドに、次のような相談をしたとしましょう。
「最近、視力が落ちてきたみたい。メガネを買った方がいいかな?」
すると、彼からいかにも論理的に答えが返ってきました。

「きっとパソコンの使いすぎなんだよ。」
「パソコンを使うときは、1時間ごとに目を休めないと視力は落ちていくよ。」
「駅前のメガネ屋さんがセールをやってるから、早めにつくった方がいいだろうね。」

こんなことを言われたら、何となく悲しくなるのではありませんか?
あなたが求めていたのは、こんなに冷たい、原因と対策。
それだけを示すロジカルな言葉ではないはずです。
CAT9V9A9145_TP_V

おそらく、ほしかったのは「大丈夫?」という最初のひと言でしょう。
視力が落ちた原因も、おすすめのメガネ店も、そんなことは自分で考えられます。

ただ、今は悩みを聞いてほしいのだし、共感してほしい。
きっとそれが本音ではないかと思います。

わたしたちは、相手が感情の言葉を語ってくれたとします
すると、その人の「素顔」に触れたような気持ちになります

一方、ロジックで語られた言葉からは、その人の表情は一切読み取れません。
それは「仮面」をかぶった言葉なのです。

ビジネスの現場ではともかく、少なくともプライベートの場合。
「仮面」を脱ぎ捨てて、感情の言葉を使うようにしましょう
知的であろうとする必要は、どこにもありません。

そして、誰かから相談を受けたら、決してロジックで問題解決しようとしないことです。
まずはじっくりと話を聞いて、心の底から共感してあげてください

PA151026033997-thumb-815xauto-19769
多くの場合、相談してくれる人は「答え」を求めているのではないのです
ただ「共感」と心の安らぎを必要としているのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム