痩せるだけが「美」ではない。


痩せていい人、悪い人

痩せたら必ずキレイになれる..これは女性にとって永遠のよりどころ。
美の中でも、もっとも現実味のあるものとして一生の課題かもしれません。
もちろん、こういう希望があってこそ、女性はキレイになっていきます

「いつか痩せてやる!」と思うことが、女性をいたずらに太らせない歯止めともいえるでしょう。
でも、痩せてはいけない人、痩せてキレイになる人もいます
ダイエットに成功しても、キレイになることに失敗する人も少なくありません

明暗を分けるのは顔立ちです
痩せて一番キレイになるのは、小作りで端正形、卵に目鼻みたいな顔。

ぼやけていた目鼻だちがくっきりしてくるので、見違えるほどの美人になることがあります。
しかし、大幅減量だと病的なイメージになることもあるので程ほどが大切です。

その反面、痩せない方がいいという顔立ちもあります。
それは、本来が口元の目立つ顔です。

どんな顔立ちも、痩せると全体のバランスの中で口元の面積が大きくなるからです。
痩せてキレイになれなかった人は多くは口元で失敗しているのです。

一方、顔の輪郭もアゴの骨格がわりにしっかりしている「ホームベース顔」は要注意です。
そういう男性顔は、今以上痩せてはいけない顔です。

顔が痩せると、当然のことながら頬からアゴ、首までの肉が落ちてしまいます。
女性の場合、首が限りなく細くなるので、張ったアゴの骨格を目立たせてしまいます。

小顔になりたいなら、顔の下半分のむくみや脂肪を解消するのが近道と言われてます。
つまり、顔の印象を変えるのは、もっぱら顔の下半分ということになります
口元からアゴ、首元まで程良いふくよかさが必要です

痩せてしまうことで多くの女性が、やや失いがちになるのは「笑顔の可愛さ」です。
ハツラツとした笑顔はぽっちゃり顔の特権とも言えます。
そして笑顔もまた、顔の下半分でつくるものです。

必要以上に痩せ過ぎてしまうと、キレイと笑顔を奪ってしまうことも覚えておきましょう
口元のふくよかさは、ある種「不自由にのない豊かな暮らし」を思わせます。
顔立ちの美貌も、目よりも口元で決まるとも言われてます。

顔立ちから漂わせる幸せ感の量も、やはり口元で決まります
食べたり、おしゃべりする口元は人が生きていく象徴と言えるからです。

だから、無理なダイエットに拘らずに、小顔づくり程度で十分なのです。
自分の顔立ちの研究をしながら、試行錯誤して気長に痩せていくことがベストではないでしょうか。
そして、ぽっちゃりさんも、十分魅力を発揮できることを忘れずに...♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム