時間の中に「ワクワク」がある♪


スピード次第でクオリティーも上がる♪

女性は、「ちゃんとやろうとしすぎる」きらいがあります
それでチャンスを逃すのです。

たとえば、納期は年度内でやるのか、次の年度でやるか、選択肢があるとき。
「時間がギリなので、あわてて今年度中にやるよりは、次の年度でやりましょう」。
と言うのが、まじめな女性のやり方です。
KAZUHIRO171013377_TP_V

いいかげんだからではありません。
今の自分の仕事をまじめにやろうとしすぎるあまり、柔軟性がなくなるのです。
時間をうまく使えるかどうかは柔軟性の問題です

ちゃんとやることは、決して悪いことではありません。
場に応じて、「ちゃんとやる」と「早くやる」の選択ができることが大切です

柔軟性がないことが「モタモタしている」ということです。
かたいのです。

「時間はないんですけど、今年中にやりませんか」と言われたとします。
一緒に仕事をしているパートナーとしてはうれしいです。
「そこに押し込むか。じゃ、がんばろう」と思います。

実際、スピードを上げたほうが仕事のテンションが上がるのです
クオリティーはスピードと相反しません。
クオリティーはスピードに比例します。

PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V
時間をかけてじっくりやっても、クオリティーが上がるわけではないのです
「ちゃんとやること」にこだわって、スピードを犠牲にしないことが大切です

前倒しされると、ワクワクする♪

スケジュールを前倒しされると、ワクワク.ドキドキします
「今度企画を一緒にやりましょう」というとき。
「来年やりましょう」と「今月やりましょう」とでは、まったく違います。

「来年やりましょう」は、「いつかやりましょう」と、ほぼ同じ意味です。
来年の企画を今月に前倒しできる人は、セクシーです

アポイントメントも、「今度食事しましょう。来月暇な時間はありませんか」。
と言われたら、「エッ、来月なの?」と思います。
相手が忙しいと思って遠慮しているのです。

その遠慮に熱意は感じません
「その程度のテンションなのか」と思うのです。
スピードとテンションとは連動します

「お忙しいと思いますけれども、今日一緒にごはんを食べませんか」。
と、ムリなスケジュールを頼まれると、うれしいものです。

前倒しにしなくても、別に間違ったことはしていません。
遅れているわけではなく、予定通りです。

忙しい人が仕事を前倒しにしてくると、「大変だな」
そう思いながらも、何か楽しくて、ワクワクするのです

KIM150922197477_TP_V
新しい年明けです。
今まで時間に無頓着だったのならば、柔軟性のある時間の使い方を目標にしましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム