「使う」と「遣うの違い」を知ろう♪


「気遣い」とは、相手の気持ちを少し想像すること♪

気遣いや言葉遣いの「遣い」の漢字は、「使い」ではありません。
「遣」という漢字は、「思いを伝える」「心をはたらかせる」
という意味があるそうです

遣唐使の「遣」も、この漢字を書きます。
きっと遣唐使は、モノや情報、文化だけではありません。
思いも一緒に伝えていたのかもしれません。

一方で「使」という漢字は、「ティッシュペパーを使う」「ペンを使う」。
これらの消費するものに対してよく使われます。

この漢字の意味の違いからからもわかると思います。
気遣いは「思い」がもとになっているものなのです
flower420151_TP_V

相手への思いが伝わる素敵な気遣いをしているチーフがいます。
その女性は高級ブランドショップの接客業の仕事をしています。
ご来店時、ドアの外に出て、お客様にお出迎えの挨拶をします。

あるとき、いつもなら明るく笑顔を交え、ハキハキした声で「いらっしゃいませ!」。
「おはようございます!」と言う声を落とし、笑顔を消して静かに挨拶しました。
その様子を見ていた後輩が「あれ、どうしたのかな?」と不思議に思いました。

そして、お客様をよく見てみると、暗い表情の方だったのです。
その方が目の前を通りすぎると、彼女は慎む表情で静かに頭を下げて挨拶をしていました。

右も左もわからず、ただ元気な挨拶をするだけの後輩。
このような光景を見て「自分にこのような咄嗟の気遣いができただろうか?
とハッとさせられたのは言うまでもありません。

YUKA150701598457-thumb-815xauto-19536

一瞬のやり取りに遣いが出る♪

気遣いとは、「相手の気持ちを想像し、思いを伝えること」だと思います
ただ入口で判を押したように挨拶をしていたとします。
そうならば、相手の気持ちに寄り添った挨拶はできないでしょう

「挨拶をする」のが目的ではなく、一人ひとりのお客様の気持ちに応える。
そのために「挨拶」という手段をとっていくことです。
お店を利用する方は、さまざまな理由でご利用されます。

「どんな事情なのかな?」と深入りしなくても、様子を見て状況を察する力は大切です
気を落とされている方に向かって、満面の笑みで「いらっしゃいませ!」
このように元気よく大きな声で挨拶をしたら、相手はどんな気持ちになるでしょうか?

TAKEBE160224090I9A0398_TP_V
チーフのように、相手の心情に寄り添う。
そうすることで、たとえ一瞬のやり取りであっても、自分の気持ちは相手に伝わるものです
ほんの少しの気遣いが、人との関係性をつくっていくのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム