恥ずかしさは「ときめき」をつくる♪


美人は口元をキラッと見る♪

親密になるかどうかは、ある日、デートの終わりに一緒に帰るのか。
いつもどおり別々に帰るのか、そのどちらかです。
その分岐点は「目の使い方」で決まるかもしれません
yuka522031_TP_V

話している途中で口元をキラッと見る。
それをすると、インパクトがあり、忘れられない美しい女性に見えます。

意思疎通は「目の色を読む」といいます。
ですが瞳はさわることのできない、永遠に届かない象徴でもあります。
一方口は食物を取り入れる入り口であると同時に、言葉を発する出口です。

魚から人間に進化する過程では、口は肛門として併用されていました。
口は、恥じらいと欲望が共存している部分なのです。

だから、私達は口元を見られるドギマギしてしまいます。
だからこそ、口元は「上品に」見つめます

会話中に口ばかり見ていると、相当男性経験が豊富な女性に見えてしまいます。
いかにも自然に、ふと見てしまったように見せるのが理想です

たとえば、デートの帰り際、座っていたのを立ったときなどは、良いタイミングといえます。
男女が立ったときなどは、良いタイミングといえます。

男女が立ったとき、ちょうど女性の視線が男性の口元あたりにくる
そのように見えるのが自然です
(ただし、身長によるので、一概にはいえません)。

会話中は、両目から口にかけての「マジック.トライアングル」。
その中を、視線を動かしながら、キラリと口元を見ます。

004KZ1868_TP_V
鼻を顔の中心にあります。
じっと見ると何かついているような感じがするので、見ないようにしましょう。

恋愛中でしたら、「ある設定」を演じてみてください。
すると、ドラマチックを雰囲気がつくることができます。
想像してみましょう。

たとえばあなたは気の弱い女性で、愛されるのに不器用だとします。
相手の顔のどこを見てよいかわからない。

だから、ソワソワしながらつい視線を口元に向けてしまう。
こんな見方はいかがでしょうか。

さて、それでは、一緒に帰れなかったときのお話です。
次回、またすぐに会えるように、相手の印象に残る別れをしましょう
別れがこってりしていれば、感受性の豊かな美しい女性に見えます
009KZ1868_TP_V

美人に見える人は、たとえ一時も別れでも、名残り惜しんでいます
そんな女性は別れ際にほんの少し手を振ります。

手の振り方で、言葉にできない気持ちを伝えます。
小さな手の振りは「別れが淋しい」というメッセージになるのです

「小さな別れ」は、胸の前に手を重ねて、肩幅なかにおさめ、ひらひらと振ります。
人の目は恥ずかしいけれど、「あなただけには見られたい」
という気持ちを込めてコンパクトに手を振ります

IMGL5297_TP_V
こうすると、からだが小さく愛らしく見えます。
別れ際に、女性らしい手の振り方で、もっと相手を夢中にさせましょう。
せつない別れ方は、さらに会いたい気持ちを募らせるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム