「テンション」を見逃さない♪


変化を目と耳でキャッチしよう

人は、自分の話を聞いてくれる人をどんどん好きになります
ところが、ほとんどの女性は何も考えず、ただ聞いているだけです。
でも、聞くだけではダメなのです。

正しい「聞く」テクニックを身に付けて聞きましょう
「聞く」とひと口に言っても、「パッシブリスニング」(受動的傾聴)。
「アクティブリスニング」(消極的傾聴)の2つがあります。
kuchikomi1114_TP_V

「パッシブリスニング」は、「へぇ~」「うんうん」。
といった相槌やうなずきを中心とした「聞き方」のことです。

「アクティブリスニング」は、「~で~したんですね」と繰り返す。
「つまり~ということですね」と要約する。

「それは大変でしたね~」。
と相手に共感の気持ちを示したりといった「聞き方」を指します。

「パッシブリスニング」だけだとします。
話している人は「この人は本当に私の話を聞いてくれているのだろうか?」。
と不安になってしまいます。

ですから、この2つのタイプの「聞く」テクニック
それを上手に組み合わせて耳を傾けることが大事です
smIMGL4099_TP_V

➀相手の話を耳でしっかり聞く
➁相手に対して適切な質問をする
➂相手の話を耳と目と心で聞く

このうち、特に大切なのが三つ目の「相手の話を耳と目と心で聞く」スキルです
話をしている時の相手の状態や感情、表情の動きを耳と目でしっかりと観察する。
そして心で感じることです。

単純に話していることを聞くだけにとどまらない。
相手のテンションも感じながら聞いてほしいのです。
【テンション】というと難しく感じてしまうかもしれませんが、とても簡単なことです

たとえば、仕事の話をしている時はぼそぼそと声も小さく控えめにしか話さない。
なのに、ラグビーの話になったとたんに目が輝いて嬉々として話し出す。
そんな男性がいると思います。
max16011542_TP_V
その場合、ラグビーの話をしている時。
明らかに「テンションが上がっている状態」なのです。
そんな時は、どんどんラグビーの話を聞いてあげましょう。

彼はあなたに好感を持つはずです。
逆に、ある話題になると一気に口が重くなり、雰囲気が暗くなる人もいます。
明らかにテンションが下がってしまったのです。

そんな時はすぐに話題を変えましょう。
相手の「テンションが上がる」話題を目と耳と心で探してみるのです
うした変化をしっかり耳と目でキャッチして、心で感じながら話を聞いてみてください

そうすると、自然と会話が盛り上がる話題、相手が嬉しそうに話してくれる話題。
それを見極められるようになります。

TIG86_hoduewotukujyosei-thumb-815xauto-16703
このテクニックを取得すると、初対面の男性に「なんか自分だけ話ちゃってるけど大丈夫?」。
と聞かれるようになると思います。

そして、そう聞かれた男性はまた声をかけてくれるはずです
相手の話は耳だけでなく、目と心でも聞きましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム