「頼り方」にもコツがある♪


頼り上手の極意♪

頼り上手な人のそばには、たいてい頼られ上手な人がいます。
頼り上手というと依存心が強い甘える一方のタイプを思い浮かべます。

ですが、ここでは疎まれずに上手に頼ることのできる愛すべきタイプ
そういうタイプをここで紹介したいと思います
頼られることの多い人には、時としてうらやましく思えるでしょう。
YUKA862_megane15205354_TP_V

頼り上手な人
それは、相手に不快な感じを与えずに気持ちよく引き受けてもらえる人のことです
もしも抱えている何かが不得意なものだったり、自分ではできそうもないこと。
また、忙しくて手いっぱいであったりするとき。

ちょっとした心遣いひとつでスムースに事が流れていくように思えます。
また、頼り上手な人は、タイミングの計り方が微妙です

相手の状況をよく見極めて、相手に無理をかけないようなタイミングで頼みごとをする。
いつもなら引き受けられることでも、忙しく時間がタイトであれば断られる。
体調の良し悪しにも影響される。

また、精神的に安定した時期かどうか、何かトラブルを抱え込んでいる様子はないか。
そのあたりのことにも気遣うことが大切でしょう
時間的にも精神的にも余裕のあるときに頼めるのがベストです

当然、相手も物事の優先順位をつけています。
後回しにされてしまうこともあるでしょう。

快く引き受けてもらうためには、その件がとても重要で、頼めるのはあなたしかいない。
と頼むことになった必然性を誠意を持って伝えることです。
また、気をつけなければいけないのは「甘え」すぎにならないことです

AL203elvdoki20140830104650_TP_V
怠けるわけではなく、必要があってお願いしたんだということを自覚する。
そして相手にも伝えることです。
これらのことに気をつけてお願いごとをしたら、気持ちよく事を運んでいくように思えます

そして受けてもらえることとなったら、常に感謝し、任せきりにしないで自分にできること。
それは自分で考え、指示を仰ぐという姿勢を守るべきです

大切なのは、やはり相手の能力と受けてくれた気持ちに対する尊敬。
そして感謝なのです。
相手に過度の無理をかけないことも大切です

また、教えを講という姿勢で、お願いごとをするのもいいでしょう
その場合、相手に寄り添うようにしながら、共に事を進めていくことが大切です

ここぞとばかりに「女の武器」をちらつかせる人は困りものです。
頼り上手な人は、「またいつでも困ったことがあったら言って」。
と相手に言わしめます。

kuchikomi755_TP_V
だらしのない依存ではないのです。
頼るだけの理由があり、自分自身のいい意味でのプライドを大切にしましょう
そうした上で、助けの手というのは差し伸べられるものなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム