会話が深みに入る「タイミング」♪


仕事より、趣味の話をする♪

話題のジャンルには、「仕事の話」と「趣味の話」とがあります。
初対面で自分を覚えてもらいたければ、仕草より、趣味の話をするほうがいいのです
趣味の話のほうがいいのは、相手がよく言われる話と重ならないからです。

仕事の話はそんなにバリエーションがないので、たいてい重くなります
趣味の話は、無限に広がるのです。
hikari

相手の趣味を知らなければ、自分の趣味の話をします
それが最も他の人と重ならないテーマになります。
自分の趣味は下調べも何もいりません。

初対面の相手でも話せることです。
相手が関心を持つようなら、その話題でつなぎます。
関心がなければ、別のアングルに切りかえます。

趣味の話になった時点で、個人としての自分になります
そのほうが、圧倒的にセクシーで、自分を覚えてもらえるのです

唐突に、堂々と♪

話を切り出す時のコツは、「唐突」アンド「堂々」です
「この人にこんな話をしてはいけないのでは」と、ビクビクしてはいけません。

堂々とすることで、その話の唐突感がある壁を越えるのです
なんとなく「段階を経ていこう」という感覚があります。
相手も階段状に行こうとしています。

でも、いきなりドーンと行ったらラクなのです。
一番話したいところを、後回しにしてはいけません

占い師さんはこれをやります。
初対面の勝負だからです
いきなりトップに入れるから、最初からドーンと行けるのです。
PAK85_yogencard1278_TP_V

少しずつ階段を上がったら、そのやり方でしか行けなくなります。
徐々に行こうとして、2回目からドーンと行く。
逆にギクシャクした感じになります。

冒頭から唐突に、堂々と話すことで、初対面でも印象に残る人になれるのです
占い師さんは、初対面で、びっくりするような話を聞かされます。
誰にも話していないような重い相談を持ちかけられます。

「それ以上言わないで」と思うぐらいです。
聞いたからには、聞いてしまった責任が発生します
それは知らない人だから話せるのです

自分の状況を知りすぎている親友には話せません。
相手のことを知れば知るほど、会話は深みに入れなくなりなりません。
会話が深みに入れるのは、初対面の時です

kawamura1030IMGL4248_TP_V
あなたが悩みを持つ親しい友人を経験豊かな友人Aさんに紹介したとします。
すると、今まで自分が知らなかった話をその友人はAさんに話しだしました。
あなたはいい気持ちはしないでしょう。

そうです!初対面の時が勝負なのです。
ググッと入り込めるのは初対面です

2回目、3回目で徐々にやろうとしてはいけません。
初対面はチャンスと捉えましょう

チャットレディさんは初対面の連続だと思います。
緊張が常に伴うと思いますが、毎日が成功に向かうチャンスなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム