「食べる」という行為に秘めらる魅力♪


なぜ、人はご飯の食べ方が気になるの!?

ご飯の食べ方は男女問わず、よく見ているものです。
なぜ、他人の食べる行為は、非常に気になるのでしょうか。

食べるという行為は、「集中」と「無意識」の瞬間と言えます。
人間は、他人が何かに一生懸命関わっている姿を美しい思うのです。

集中せずに、「食べながら喋る」「食べながらテレビを観る」。
これらの行為は、「ながら食い」と言われるようにきれいなものと認識されません。

食べているとき人間は歯が合さるほんの手前で、歯がかみあわないように咀嚼します。
無意識的な行為でありながら他人はすごく目を奪われます。

それに、唇はキスという恋愛における最初の身体接触をする場所です。
だからこそ、気になります。
唇は非常に目立つところにあるパーツです。

「クチャクチャ」と音をたてて食べることが下品とされています。
それは、愛し合う行為を連想させるからです。
ご飯を食べるという日常的なことが、人には大変気になることばかりなのです。

食事の席は、「食べる」という動物的な行為と、唇という性的なパーツの組み合わせ。
生活のなかで、もっともプライベートな姿を見せる瞬間です。

女性は、初めての相手との食事が大切な瞬間になります。
身体性、つまり女性としての自分を提示するもっとも大切な機会になるからです。
そこで食べ方が重要になってくるのです。

あまりにも無意識を露呈して、ながら食いになると、だらしないだけで男性は興ざめします。
だから、しっかりと集中して、きれいに食べる必要があります。
そうすると、当然、視線が唇に行きます。

しかも集中してきれいに食べている相手の唇は、その性的な動物性が際立ってきます
だから、唇が性的パーツとしてより際立つのです。

「小食のほうがかわいく見える」の勘違い

あなたは、小食のほうが愛されると思っておませんか?
だとしたら、これからは安心してしっかり食べましょう。
一緒に食事に行ったときは、男性の本能を刺激して、魅力をアピールするチャンス

男性にとって、食欲旺盛な女性は実に魅力的です。
それどころか、デートのときに女性が食欲を見せてくれないと興ざめです。
しかし、食欲旺盛でも、好き嫌いが多いのはNGです。

好き嫌いがあるのに食欲旺盛とは、好きなものだけ食べまくるということ。
自己中心性の強さを示しています。
「何でも食べる」でないと、意味がないのです。

私たちは人間である以前に動物ですから、本能的には「優秀な子孫を残す」が課題です。
ですから、いつも顔色が悪くて、頭痛で眉間にシワを寄せている女性はNG。
いつも元気で風邪を引かない女性の方が男性にとって魅力的に見えるのは当然です

好き嫌いなく、旺盛な食欲を見せて、男性の本能を刺激しましょう
男性は心の底から、あなたに魅力を感じるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム