「座り方」で魅了する♪


美人は脚の隙間を見せない♪

美しいと思われる女性は、服を選ぶように、出かける場所に合わせます。
そして、雰囲気の作り方を変えています。

その場を自分のムードで満たし、一時的に場を独占してしまうのです。
座ったときのさまざまな脚の組み方で、いろいろなタイプの美人に見せます。

脚を組んで両脚を重ねることで、脚の隙間がなくります
脚は一本脚に見えます

そのため、立つにしろ、座るにしろ。
脚を組むことで、X脚やO脚などといった脚の形をカバーできます。
なのでスタイルがよく見えます。

エレガントに見えるコツはピタッと組まずに、フワッと組むことです
からだ全体から見て、脚は大きな割合を占めています

dmFTHG8164_TP_V
そのため、脚をピチッと組むと、窮屈で神経質そうな印象を見る人に与えてしまいます。
それでは、つくりかたを見ていきましょう。

セクシーな「シャロン重ね」♪

女優のシャロン.ストーンから名前を拝借。
セクシーな美女に見せるには、高く脚を組むことです
細長く、自分の身長をも高く見せることができます

つくりかたは、片脚のももの上に、反対の脚を乗せます。
このとき、脚は腹筋で引き上げます。
長時間この座り方を続けるのは無理です。

ですが、ぐっと美人な雰囲気が出るので、写真に撮られるときなどに使えます。
やってはいけないことがあります。
上になる脚を、その重さにまかせて下の脚のももにべったりと乗せてしまうことです。

ふくらはぎが広がり、脚が太く見えてしまいます。
また、両足の甲は伸ばしましょう。

人間の骨の中で一番長いのが脚の付け根からひざまでです
ですが、ひざからかかとまでを長く見せるほうが、いわゆるブーツ効果で脚が長く見えます

TIG78_isunisuwattajyosei-thumb-autox600-16656
ちなみに、この座り方は、男性が書き物をする際。
机の代わりにひざを使う必要があったことから生まれた姿勢です。

ピアノの脚まで隠されていたような時代でのことです。
当然、女性が脚を見せるのはご法度され、女性がとるべき姿勢ではありませんでした。

だからこそ、現代において女性がこの「シャロン重ね」で座る効果が生まれます。
少しの「不謹慎さ」と「崩し感」が相まって「かっこいい」と感じられるのです

また「かわいく見える」座り方もあります。
それは重ねてひらくという座り方かたです

ひざ頭をつけ、足先を「ハの字」にすると、少し頼りなく女学生のような雰囲気になります。
その際、足先を内側に入れるとモジモジしたかわいらしい雰囲気になります。

IMGL5288_TP_V
ときに少女らしく見せたいとき、脚を「ハの字」にしてみるのも有効です。
様々なシーンに合わせてセクシーさや少女らしさを演出してみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム