「好きの心」が変わる時とは!?


「愛されて当たり前」の人へ

これは主に「好かれている側」が失敗しがちな話です。
最初は男性がメールをくれて、毎週飲みに行くようになりました。

そして、彼が出張先からお土産を買って来てくれます。
コンサートのチケットまでも取ってくれたりしていました。
これを、「嬉しい、ありがとう!」と喜ぶだけではダメになることがあります
TAKEBE055122558_TP_V

見返りをわざわざ求めて人を好きになる人はいないと思います。
ですが、無意識に「何らかの見返り」を求めていることがほとんどです
それが、モノだったり気持ちだったりします。

どちらにしても、そういった「何か」を求めてしまって普通なのです。
とすれば、相手がお土産やコンサートのチケットを取ってくれたとき。
何か、気遣いを返したか?というのが、大事になってくるのです

たとえば、相手からメールをくれて、毎週飲みに行った頃。
自分からレストランを予約してご馳走したり、何か作りに行ってあげたり。
会うときに差し入れになるお菓子を持っていったり、などです。

わかりやすく言うと、相手の愛情の上にあぐらをかいていると、必ずフラれる
ということなのです。

これは、「初期段階」は女性に多い失敗です。
そして、男性の場合は「交際中」に多い失敗なのです。

TAKEBE160224000I9A0460_TP_V

否定グセは嫌われる

否定グセといってもくだらない内容がほとんどです。
覚えていない、気づいていない人が多いものです

例えば、「俺、コンビ二だと〇〇が一番すきなんだよね」
「うそ!私は〇〇が好き!」
こういった話が、該当してしまうのです。

ちなみに、この例だと次のように返せば問題ありません。
「うん、〇〇もいいよね!。私は、〇〇のほうがすきなんだけど(笑)」
kawamura1030IMGL3937_TP_V1

このような話は、これ1回で、どうこうなるわけではありません。
言われた本人すら気にならないときもあるでしょう。
しかし、どことなくテンションが低いときに、こう言われたとします。

「なんだよ、別にどっちでもいいじゃん」と感じてしまいます
そこから「会話そのものが減ったりする」のです。
そして、一度気になったことは、また気になり..と、悪循環に入ってしまうのです。

よく「うっそー!!」というのが口癖の人がいます
思いっきり「否定」していますよね

その人は、相手が言うことを「疑っていたわけではない」のです。
ただ口癖で言っていただけなのですが、相手にはそう聞こえていなかったわけです。

これが、知らずに人を嫌な思いをさせる
知らずに人を傷つける
ということなのです。

TKBmokomoko_TP_V
否定になるような言葉、気分が悪くなるような言葉を一切言わないことです
これを徹底するだけで、自然と他人を否定することがなくなるのです
もし、自分が該当すると思うのならば、これを意識的にやってみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム