「質問力」を高めよう♪


質問で「すごさ」を引き出そう♪

相手の話を理解するためには、自分の経験を重ね合わせると、理解が深くなります。
自分の経験と結びつかないときは、相手に質問し、より具体的な話をしてもらいます

人の話を聞くとき、自分の体験を基準に、それに近いのか?
それ以上なのかを想像するのです。
基準があると理解しやすくなります
tenbin
基準が見つからない、話の内容が理解できないとき。
より具体的な話をしてもらえるように、質問します。
次の会話の、Bさんの質問に注目してください。

Aさん「新しいお店の開店には、人がたくさん並んでね」
Bさん「へぇ、そうですか。どのくらい並んだのですか?」

Aさん「私は、一時間前についたのだけどね」
「入るまでに、開店してから30分くらい待ったからね」
Bさん「すごいですね。中はどんな様子でした?」

Aさん「とにかくすごい人でね」
「レジで30分待たされたと、文句を言っている人がいたよ」
Bさん「そうですか。何人ぐらいの人が来たのでしょうか?」

Aさん「後で新聞を読むと、開店前に5000人並んだと書いてあったよ」
「大型バス100台以上のお客さんだものね」
Bさん「それはすごいですね」

GMKN_STUDIO_031_TP_V
会話の中で体験を重ねることができるように、具体的な事実を引き出します
答えを聞いて想像できないときは、さらに質問して「すごさ」を引き出しましょう

自分が理解できる話題に転換する♪

仕事の趣味の話など、本人にしかよくわかっていない話を熱心に話す人がいます。
このような話は、部外者には理解しづらいものです。
しかし、わからないからといって話を聞き流していてはいけません

話を合わせようとするとき。
相手の話を理解しようと努力しないといけないのです

「それはどういうことなの?」
などと、話の内容を詳しく説明させようとすると、説明が面倒になります。
そのまま話を終わらせてしまうこともあります。

このような場合には、自分が参加できる部分に話を引き込んでいくことがポイントです
趣味の話で、おもしろくてのめり込んでいる様子がうかがえたとき。

「一日のうちで、どのくらいの時間やっているの?」
「この趣味は、どのくらいの人が楽しんでいるの?」
このように質問をして、自分が理解できる話題に転換していく努力が必要になります

仕事の話のとき。
「完成したときの達成感は大きいでしょうね」
「長時間仕事をしていると疲れるでしょう」などと、何を話してほしいのか伝えます。

本
想像できない話を相手にさせ続けることは、聞き流しているのと同じです
お互いに、いつかくたびれて嫌になってしまうでしょう。
理解できない話は、理解できる話題に転換しましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム