「信頼」される目線♪


美人は擬視せず「穏やかな風」を吹かせる♪

「目力がある」とは、たいてい良い意味で使われます。
「目力がある」とは、目が大きく、さらに、目をカッと見開き瞬きをしない。
そして一点を擬視する時間が長いことをいいます。

目を大きく見せるメイク用品の開発が著しい時代です。
ますます「目力美人」が増えていきそうです。
HIRA99_kaidankarasugoigyousoumiorusu_TP_V

じっと見つめる力が、コミュニケーションにおいて問題があります。
相手に「強烈な印象」を与え、ときにマイナスになるときもあるのです。

健康的な大きな瞳が印象的な女性がいます。
何をするにもしっかりその目で見つめ、確かめてやろうという力強い意志を感じます。

彼女が何かに迷っていることを相談される友人がいます。
彼女のじっとこちらを見つめてくる目から出る気迫で、なぜか脅迫されている。
そんなふうに思うそうです。

その友人も良い答えを出すべく、彼女が何を望んでいるのかをいろいろ聞きだします。
彼女の目はひたすら「正解だけをすぐにほしい」と語ってきます。
 このようにじっと強く見つめてくる目は、目力が強く、積極的に見えます

その実、「ぜったい失敗したくない」「負けたくない」
という保守的な心の表れであるように見えるときがあります
本当に強い人は、自分に自信があるので、いつでもおだやかな目をしています。

TSU875_chu_TP_V
彼女はどこにいても、その強すぎるまなざしでいます。
そのせいで、本人も気づかないうちにネガティブな印象を周囲に与えているのかもしれません。
では、どうしたらいいでしょうか。

相手の目をじっと見つめる代わりに、「相手の目線を外しやすい位置」に移動します。
相手の真正面に位置するのではなく、からだを少しひねった斜めの位置におきます
これで、張り詰めた空気に隙間をあけられます

この位置関係だと、相手の目線を外したときに、自分の正面に顔を戻すことになります。
話すときには相手の顔のほうを向いている姿勢になります。

コツは、話している最中に、相手に気づかれないようにします
足先でにじり寄るように移動することです

動きのイメージは、相手を軸にして自分が蝶番(ちょうつがい)のようになることです。
開いたり、閉じたりすればよいのです。

こうして相手と自分の位置に角度をつけます。
それによって、コミュニケーションはとりやすくなります。

目線は、少し相手をしっかり見ます
すると、フワッと外す繰り返すことで、双方に考える余裕が生まれます

GMKN_STUDIO_011_TP_V4
こうすることでコミュニケーションの取り方がスムーズになります。
「目力」というと魅惑的なイメージがあります。

でも、相手をおじけさせてしまう場合があります。
気軽に声をかけやすい元気であり穏やかな「目力」を手にいれましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム