「芯がある人」に魅力が宿る♪


筋の通った凛とした女性を目指す♪

「凛とした女性」と聞いたとき、あなたはどんな女性を思い浮かべるでしょうか?
周りに流されず、しっかり自分の意見を相手に伝えられる術を知っている。

一本筋が通っていて、それでいて優しく美しい人。
人はそういう芯のある人を信頼し、魅力を感じます
KIM150922027533_TP_V

「ノーと言えない日本人」という国民性を表した言葉が流行ったことがあります。
たしかに日本人には断れない人が多いのは確かです。
しかし、自分の人生を楽しんでいる凛とした女性は、上手に「ノー」が言えます

なぜ、断れないのですか?という質問をすると「相手に悪いから」。
この答えは表層的な答えです。

さらに「なぜ、相手に悪いと思うからですか?」と質問してみました。
せっかく誘ってくれたのにガッカリさせるから」という回答。

さらに「ガッカリさせると何か問題でも?」と質問してみました。
すると、この言葉が出てきます。
嫌われるから...」。

そうなのです。
断れないかと思うとき、私たちの心の深層部分には、相手に嫌われる
もしくは人付き合いの悪い人に見られる、という恐れがあります

しかし、断ったからといって、相手から嫌われるとは限りません。
相手を傷つけないように、上手に断ることができれば問題ないのです
KIM150922016856-thumb-815xauto-19864

「断るかどうか」の判断基準を持つ♪

それには断るタイミング、そして断り方に工夫を凝らさなければなりません
たとえば、あなたはこんなふうに断っていないでしょうか?

行きたくないイベントへの協力をしぶしぶ引き受け、行かなければならなくなった。
日がたつにつれ、その【行きたくない度】はどんどん上昇しつづける。

前日または当日になって、その【行きたくない度】は100%を越えてしまった。
そして、ドタキャンしてしまった。

これでは誘ってくれた相手の方にも迷惑がかかってしまいます
信頼度も一気にダウンするでしょう
まずは、断るかどうか決める、判断基準を持ちましょう
tenbin

したいか?したくないのか?
できるか?できないか?

まず「したいか?したくないか?」で決めるときの断り方です。
ビジネスシーンでは、「したいか?したくないのか?」。

それが許されるケースと許されないケースがあります
なので臨機応変に対応することが求められます。

一方、プライベートに関しては、直感で「したいか?したくないのか?」。
それはあなた自身で選べると思います。

相手の方への伝え方には、配慮が必要です。
ポイントは、まず誘われたことに感謝すること
そのあとに正直な気持ちを伝えることです

それから、断るタイミングです。
断りはすぐに!

断りの決定はすぐにして、その場で伝えるように訓練していきましょう
するとモヤモヤのまま無駄な時を過ごさなくてよくなります。

KIM150922197477_TP_V
最後に、自分が誘う側になったときに気をつけたいこと。
相手に選択の余地を残してあげる配慮は、忘れずにいたいものです

自分の中でライン引きができていて、他人の気持ちにも配慮できる。
凛とした女性を目指していきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム