「ロマン」は男性の代名詞♪


「男のロマン」を理解してあげよう♪

男性には、いつまでも「男の子」のような部分があります。
子供の頃に友達と「秘密基地」でスパイごっこをしたような部分。
それは、大人になっても変わらないのです。

ロマンというのは、「ただ生きるだけなら必要のない夢」だと定義できます。
だからロマンチストほど、現実ばなれした夢をもっているのです。
PAK65_chikyuugitohon_TP_V

頭がよくしっかりしていて仕事もできる彼。
それなのになぜか夢のようなことを本気でいってたりしませんか?

どうやら男性は「今生きているこの現実しかない」と思いたくないようなのです
この「現実だけだ」と思うのは、彼にとってすごくさびしいことなのです。

男性が「いつか脱サラして社長になる」「将来は海外に移住する」。
「このどうしようもない世の中をよくする」「かならずビッグになる」。
などというのを聞いたことありませんか?

不可能に聞こえるような、恥ずかしくなるほど大きなことをいう男性は多いです。
もちろん実現する人もたくさんいますが、残念ながら9割は現実逃避に終わるようです。
また、大好きな、自分だけの世界をもとうとする男性は多いのです

150415112191_TP_V
たとえばアニメの世界にひたる。
モデルガンと迷彩服でサバイバルゲームをする、オーディオ機器や車。
パソコンにこだわり、どこまでも性能アップを追及するなど。

そしてそういうロマンに何百万円もの大金をかけたりします。
あなたには意味がわからなくても、合理的.実用的ではない
そう思っていても、バカにしないようにしましょう

否定されると彼は、「どうせ俺の世界はわかってもらえないんだ」
とあなたに対して心を閉ざします
また、邪魔をされるのも、うっとうしいものなのです。

結婚しているわけではありませんし、彼のお金であり彼の時間なのです。
だから、自由にさせてあげましょう。

笑って話を聞いてあげるくらいの理解があると、彼は居心地がいいのです
また、記念日などのドラマティックな演出。
夜景や花束が、あなたにとって無駄だとかいらないと思うかもしれません。

「もったいない!私達、これからお金がたくさん必要なのに!」。
「こんなところにお金を使わないで、貯金しなさいよ!」。
などと言わないようにしましょう。

pak86_torinosuakashiro20130825-thumb-autox1000-17027
彼はあなたの喜ぶ顔だけをイメージしてウキウキと準備したのです。
「もうこいつには、ぜったい何もしてやらない!」とへそを曲げてしまう危険も大です。
わからなくても彼のロマンをバカにしないように気をつけましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム