「ポジティブ転換」の方法♪


意識の「転換」をする大切さ♪

春になるとテンションが上がるという印象があります。
でも、転機のシーズンということもあり気持ちが落ち込むことも度々です。
大きな感情の波に押しつぶされそうになることもあるでしょう。

そこで、その感情から少しでも楽になるようなものに意識を向けてみましょう
たとえば、「おいしいお茶をいれて飲む」でもいいのです。
天気がいいなら「散歩に行く」のもおすすめです。
coffee20160715025404_TP_V4
映画を観に行く、音楽を聴く、ドライブに出かける。
というように、何かしらの行動で、意識を今のところから逃がします
つまり気分転換の行動をとるのです

そこでもネガティブな方向に引っ張られそうになるかもしれません。
だからといって、自分を責める必要はありません。

どんな感情もオッケーにしてみます
そこから少しでも自分を「ホッ」とさせてあげられるようなことを選びます。
「今はとにかく気分いいほうに跳んじゃえ!」と別の感情にジャンプさせるのです

気分のアップダウンが激しい人は、感情の階段を駆け下りたり、駆け上がったり。
と、忙しい状態をつくっています。
「わたしはどうしてこんなに気分の波が荒いのだろうか」と自分を責めてしまいがちです。

ですが、一度、意識をこのように転換させることができる
すると、それがだんだんと癖になっていって、感情に左右されなくなってきます
また、何が起きても自分で上がってこられるようになります。

nissinIMGL0984_TP_V4
気分転換するのに、「今はそんな気分じゃない」と感じることもあるでしょう。
気分転換を拒むのは、自分や相手を責めることを継続させたいという被害者意識です。
人は自由意志を持っていますので、責めたければそれでもいいのです。

責めまくったところで、結局はまた底から這いあがらなければなりません。
このことに気づき、自分を楽にしてあげてください。
「今この瞬間からは、これまで頑張ってきた自分に優しくしていこう」と

自分自身を今すぐ楽にさせてあげられる【気分転換】はとても大事なことです
あなた自身が楽に感じられるものや状況を選択していくのです。

すると、その部分から「ホッ」とする意識が生まれていき、喜びの感情にも慣れていきます
そして、感情も安定していきます

MIZUHO1796003_TP_V
「ポジティブないい気分でいる」。
というと、内側にあるネガティブな感情を我慢することだと思ってしまいがちです。

ですが、人間は、生きていれば誰しも感情が動きます。
それを、ポジティブだからよい、ネガティブだから悪い、としないことです
すべて自分のエネルギーなのだと受け止め、上手に転換させながら使えばいいのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム