心の「お手入れ」怠っていない?


自分自身に愛着を持つ♪

自分が好きな人は、ありのままの自分を受け入れています
自分のことがある程度わかっています。
自分が好きだから、もっとステキになろうと一生懸命です

その反対の人は、何事もどうでもいいやとほったらかしにします。
物も自分も同じで、愛着があれば大事にします
なければぞんざいに扱います。

そして他の人たちがそれを見る目も違います。
その人が大事にしている物は、他の人にも素敵に映るはずです。
花一輪の

人に好かれるには、自分を好きになることが優先です
あなたの周りにはこんな人がいませんか?

「私はこんなことをする人ではない」と、与えられた仕事に不平不満をいう人。
こうした状態を単純に考えたとき。
ただ単に仕事に対してのその人の態度と受け取られます。

実はそうではありません。
仕事だけの問題ではなく、自分が嫌いだということです。

自分は仕事が嫌いだと思い込んでいますが、仕事ではなく自分が嫌いなのです
与えられた仕事を、キッパリ辞めればいいことかもしれません。
自分を嫌うのはその仕事を好きになれない自分だからです

こういう人はどんな仕事に就いても「私のやるべき仕事ではない」と思います。
状況が変わっても、自分が嫌いなことに変わりがないからです。
先ずは、自分を好きにならなければ、前に進めません
saya160104274702_TP_V

そうなってしまう原因は、現実認識の甘さにあります
「これは私の本当の姿じゃない」というのは、錯覚にすぎません。
こういう人は、自分についてあまりにも知らないのです。

自分の能力について知らない、自分の適性についても知らない。
さらに、自分の希望を現実のものにするには、どうしたらいいのかも知らないのです。

自分というものを、鏡で映る客観的な部分しか見てないのです。
内面をまったく見てないのです
ありのままの自分を見ていないのです
ferthjyftdhrsedhyj_TP_V

ありのままの自分とは、今そこにいる自分です。
どんな家柄とか学歴は関係ありません。

ありのままを見ない→自分を嫌いになる
ありのままの自分を見ない→自分を嫌いになる

そんな、悪循環が起こりだします。
そうした状態に自分を置いた責任は本人にあります。

たとえば、きれいに咲いた花は、手入れをした本人以外の人の目も楽しませます。
そのバラが自分と思ってください。

ELL96_akaikenbensakinobara20140512-thumb-815xauto-17260
バラが好きな人は、バラに水や肥料をやり、虫がつかないように注意します。
その結果きれいな花が咲きます。

人間も同じです。
自分を好きになって、自分をよく手入れすれば素敵な人になれます
人から好かれるには、まず自分を好きになることが鉄則と知っておきましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム