「似た者同士」を演出する♪


男性と意気投合するには♪

男性に安心を感じられる女性だと思ってもらう。
そのために、様々なことがあることを学んだと思います。

ここでは小手先の演出ではなく、ズドンと男性の脳に効く技術を学びましょう。
私たちは、自分に似た人が好きです

なぜなら、私たちは、自分が何者なのか。
自分はこの世に存在していいのか。

あるいは本当にこの世に存在しているのか。
誰かと関わることで確かめていましたね。
bocchian023_TP_V4

なるべく自分と似ている相手ならば、相手も自分も否定したくないのです。
なので、受け入れられることが多くあります。

はじめて会った気がしないくらい、気が合う
それは無条件にお互いの存在や価値を認め合う交流ができたことを意味します

そこで、ここでは私たちそれぞれが持つ「頭の中の型」を相手に似せるのです。
そして、似た者同士を演出してみましょう

より強く安心感.信頼感そしてあなたがより深く自分のことを理解してくれている。
無条件に認められていると相手に感じてもらうのです。

「頭の中の型」は、どうしてそう考えるのかの思考の本質的な型です
より効果的に相手の世界に入り、相手が共感しやすい言葉を話すことができます。
そのため、深く相手に安心というリラックスを与えることができます

YUKAPAKU3282_TP_V
頭の中のタイプは実はとてもたくさんあります。
考え方が違うといって、つきあってから別れる原因になる4つの「頭の中の型」があります。

「説明パターン」「判断基準」「行動へのスイッチ」「相違のとらえ方」です
この4つを似せて、「気が合う女性」だと相手に感じてもらいましょう。

「どうしてそれを選んだの?」→➀説明パターン
まずは「どうしてそれを選んだのか」を説明するときの説明パターン。
これは2つのタイプに分かれます。

1つは、理由をすぐに答えるタイプ
2つめは、その経緯を答えるタイプ
これが男女間にどう影響するかというと、タイプが違うと話が合わなくなるのです。

「彼は自分が大事?周りが大事?」→➁判断基準
後々ケンカの元になる、何かを判断するときの判断基準。
要チェックです。

たとえば、こんな質問をします。
「どうしてその仕事がうまくいったってわかるの?」
1つめのタイプは、感覚的に自分を頼りに決めます。

「えっ?だってわかるじゃん」
2つめのタイプは誰かの評価や周囲の基準などで決めます。
「それは部長が評価してくれたからor契約がとれたから」

お互い1つめのタイプですと、お互いに他人の意見を聞きません。
なので、判断がズレたときには、バトルになります。

2人とも2つめのタイプの場合は、判断基準がまったく同じです
なので、誰の意見を基準にしているかさえズレなければ、自然にうまくいきます

bocchian016_TP_V
意見が合わないときには、判断のよりどころである周囲に注意してみましょう。
相手にとりあえず合わせてあげましょう。

なんとなく、相手の世界に寄り添うことが見えてきたところでしょうか。
似た者同士をアピールするにも、この「頭の中の型」を似せることは、強力な「気が合う」です
ぜひマスターしてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム