「苦手意識」の克服方♪


「苦手な人」にこそ挨拶を!

みなさんには、きっと「好きな人」「嫌いな人」がいるでしょう。
また、嫌いとまでいかなくとも、何となく「苦手な人」もいるはずです。
じつは、人間関係においても最も扱いが難しいのが「苦手な人」の存在になります。

もし、大嫌いな人だったら、それはそれで構わないでしょう。
自分の意思を持たない八方美人になるよりは、好き嫌いをはっきりさせる。
そんな人であるほうが、結局はより多くの人から信頼され、愛されるものです

苦手な人、というのはちょっと違います。
別に積極的に嫌いになる理由はない。

実際に、顔を合わせることも多いし、必要に迫られれば笑顔で会話することもできる。
でも、何となくウマが合わない。

早く話を終わらせたいと思うし、話し終わった後、ドッと疲れがくる。
やはりこの人は苦手だ。

こういう人の存在、思い当たることがあるでしょう。
私たちは「相手が自分のことをどう思っているか」という自分への評価に敏感です。
あなたが「苦手」と思っていれば、それは確実に相手にも伝わります。

厄介なのは、その気持ちが誤ったかたちで伝わる確立が高いということです。
あなたが苦手意識で接した場合で考えてみましょう。

「この人は、表面的な話ししかできない、薄っぺらな人だ」
「この人は、人と話すときに極度な緊張感がある。大事な話は出来ない」
といった、誤った評価を受けてしまうことがあるのです。

また、あなたが他の人と親しげに会話を交わしているのを見たとき。
「彼女は性格に裏表がある。信用できない人だ」
と思われることもあるでしょう。

このように誤った評価は、あっという間に周囲の人たちに広まってしまいます。
そこで大切になるのが、挨拶の言葉です。

今日からは「苦手な人」にこそ、積極的に挨拶するようにしましょう
私たちは「苦手な人」を無意識の内に避けようとします。

そうすると、気づけば挨拶の言葉も出なくなり、相手との距離は拡がっていくばかりです。
誤ったイメージを植え付ける、恰好の条件が揃ってしまうのです。
しかし、あなたが積極的に挨拶するようになれば、それだけであなたへの印象は変わります。

「自分は嫌われていない、避けられているわけではない」
と思うことで、あなたの好感度がグッとアップするのです。

挨拶さえ交わしておけば、たくさんの会話をする必要はありません。
苦手意識も、少しずつ克服していくことができるでしょう。
挨拶とは、人間関係の基礎をつくる魔法の言葉なのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム