「念」も使いよう♪


「思いの念」で振り向かせる♪

人間みなに「念」という力があります
たとえば、久しぶりに「そういえば、あの人どうしてるかな?」。
とふと思っていたら、突然その人から電話がかかってきた。

反対にこちらから友だちに電話したらみた。
すると「私もちょうどかけようと思っていたの」と言われた。
こんな経験が多いのではないかと思います。

これは、その相手のことを思い出して、「どうしてるかな?」
「声が聞きたいな」など、相手のことを考えるあなたのその「思い」が「念」となります
電波のように知らず知らずのうちに飛んでいって、相手に届いた結果なのです。

光ブルー、
とくに男性よりも女性の「念」それも恨みの念。
それはとても強力で、いわゆる「生霊」として、相手に飛んでいき、取りつくこともあるとか。

今までは一般の男性と同じように恋愛経験のあった男性。
ある時期から女性が怖くなり、どうしてもつきあうことができなくなった。
そんな男性がいたそうです。

どうしてそうなってしまったのか、原因が分からないと言うのです。
霊感の強い友人がふと見ると彼の近くに女性の顔が映っているのが見えるというのです。
嘘のような本当の話です。

YUKA160421270I9A2690_TP_V
そこで、彼に尋ねてみると、若い頃つらい思いをさせて別れた女性がいたそうです。
その女性はすでに幸せな結婚をして、もう彼のことを恨んでいないはずでした。
ですが、別れた時点で発した強い恨みの念が、十年以上たっても消えずに残っていたのです。

そこで、その生霊を除霊すると、その男性の女性に対する恐怖心は消えました。
その後しばらくしてその男性は彼女ができて結婚したそうです。
冗談でしょう...と思う人が大半かもしれません。

「念」はそれだけ強いものです
その力を利用して、恨みではなく願いなど、ポジティブな「念」を出す
そうすれば、いい方向に作用します

たとえば、片想いしている相手に対しても、その強い思いが相手に届きます。
でも「彼とつきあいたい」というような「念」は、少し重くなります。
ですので、逆効果になることもあります。

元気にしているかな
仕事は無理していないかな
ちゃんと食事はとれているかな

このような、相手を気遣うようなやさしい思いを念じるようにしてみてください。
すると相手にそれが届き、彼はやさしいイメージとともにあなたのことを思い出します。
「声が聞きたいな」とふと思って、あなたの連絡してみたいと思うでしょう。

花?
「念」というイメージが怖いイメージがあります。
でも、ポジティブな「念」をときには利用してみましょう

チャットレディさんは「あのお客様どうしているかなぁ」などと念じてみてください。
今日辺り、ひょっこり来てくださるかもしれませんね♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム