「涙」の効用♪


涙でストレスを洗い流そう♪

わたしたちはどうして涙を流すのでしょうか?
目にゴミが入ったときに流す涙は、理由がわかります。

異物から目を守るため、涙によって異物を洗い流すのです。
しかし悲しいときに流す涙や感動して流す「感情の涙」は、なかなか理由がわかりません。

どうして悲しむだけではいけないのか
どうして感動するだけではいけないのか
どうして悲しみや感動に、涙という「物質」が必要なのか

「感情の涙」には大量のストレスホルモンが含まれてることが知られています
わたしたちの脳は、大量のストレスホルモンに満たされると、これを排除しようとします
そうしないことには、脳機能が低下していくからです。

そこで考え出された「排除」の方法こそ、「感情の涙」なのです
まるで悪い膿を追い出すように、過剰に分泌されてしまったストレス物質
それを涙に溶かし込んで、体の外に追い出します

これが「感情の涙」の正体であり、悲しいときに涙という「物質」が必要な理由です
涙を流すことは、そのままストレスを洗い流すことになります。
シンプルで合理的なストレス撃退法ともいえます。

このため、泣くのを我慢するのは、最悪のストレスになってしまいます。
泣きたくなったとき、脳は悲鳴を上げます
それを涙というかたちでストレス物質を追い出そうとしているのです

それに無理にストップをかけることは、不健康なことなのです。
そのうえ、涙を我慢することは、ストレス性の病気にかかるリスクを高めてしまうのです。
日々、前向きな言葉や思考を心がけても、ストレスとは無縁にはなれません。

常識を知らない人、キツイ性格の人、仕事や家のプレッシャー。
気付かないところで、たくさんのストレスを蓄積してしまうのが人間です。
それだったら泣いてしまいましょう
DI_IMG_5771_TP_V

恥ずかしいことでも、みっともないことでも何でもありません
涙は、わたしたちの最高のストレス撃退法なのです

「泣ける映画」を観るのでも構いません。
とにかく思いっきり涙を流して、ストレス物質を体の外に追い出しましょう。

ただそれだけで、心の穏やかさを取り戻すことができます
涙は、疲れた心の浄化作用なのです。

最後に泣いたのがいつなのか?思い出せない方もいるでしょう。
別に悲しいことが無かったから...ではなく感受性に関係してきます。

感情の涙を上手に流すには、繊細な感受性が必要です。
感受性を磨き、しっかりとした感動力を養うためにはどうすればよいのでしょう。

人間関係においては周囲の人たちに関心を持つことが大切です。
他人に関心がない人には、人の心がわかりません
そして本当の感受性も芽生えません

そして、いつも映画や音楽、文学などに関心を持つこと
つねに新しい刺激を求める好奇心と探究心が大切です。
情報を得るとい意味でもチャットレディのお仕事にも役立ちます。

BIS151026313517_TP_V

「泣く」ということには、マイナスのイメージを持ってしまうかもしれません。
しかし「笑う」と同じくらいに、心を晴れやかにしてくれる感情ともいえます。

ストレスを感じてるけど泣けない...。
そんな方は、泣ける映画で感動の涙を流してみるのもよいでしょう。

心を軽くしたなら、今度はお客様のストレスを吹っ飛ばしてあげましょう。
「あの子といたらとにかく楽しい」。
そんな、チャットレディを求めているお客様はたくさんいるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム