迷いより「リセット」を考える♪


立ち止まらずにリセットを考えよう♪

話し方によって、その人の行動のスピードがわかります。
話すスピードも行動パターンも、すべて脳で決まります。

話すスピードが速くなると、歩くこと、ごはんを食べること
すべてのスピードが速くなります
脳のスピードが上がるのです。

何か質問した時に、「えーと」と言うと、そのあとに何か浮かぶことはありません。
脳の中で「えーと」は「パス」です。
「えーと」と言う習慣をなくすことです

「そうですね」と言わないのと同じです。
自分の中に「ためらいグセ」があることに気づくことです。

kawamura1030IMGL3913_TP_V
バスケットのボールを渡す時、「えーと」と考えた瞬間。
相手に動きを読まれます。
ボクシングでも「えーと」と言っている間に、相手に打たれてしまいます。

「えーと」と言うのは相手が聞きづらいからではありません。
自分の脳のリズムが「えーと」でとまってしまうのです
できるならば「えーと」を禁句にしましょう。

切りかえられない人は、遅い。

休み時間にしゃべっていて、授業が始まってもしばらくしゃべり続けている人がいます。
授業中に、面白いウワーッと盛り上がった時。
次の話に入った時にすぐ聞ける人と、さっきの話を引きずっている人とがいます。

「そういうこともあるよね」と、トークが切れないのです。
盛り上がっていいモードと、まじめに話を聞かなければならないモード。
その切りかえができないのです。

会議でも、雑談モードとまじめモードに2通りがあります。
切りかえができないタイプは、その流れに乗っていけません。
これが「遅い」という状態です。

しりとり式に話ができる人は、セクシーです。
持ってきた面白いネタを捨てて、パッと切りかえれます。
自分のネタは早く捨てて、前の人の話を受けていく習慣をつけることが大切です

SMIMGL3959_TP_V
これは意識の持ち方です。
変えられるのは才能ではありません。

切りかえのスイッチを入れるのは、自分でしかないのです
即、切りかえられる習慣をつけましょう。

ダメだと思ったらすぐにリセットする♪

毎日変化している人は、変化がラクになります。
ところが、たまに変化しようと思う人は、やればやるほど動かなくなります。
重くなってしまうのです。

変化はリズムです
ポンポン変えていけるリズムにうまく乗れるようになる。
すると、変えることになんのエネルギーもいらなくなります。

ここで省エネができます。
「よし、変えるぞ」というエネルギーがいらないのです。
「よし」と言った時点で遅れているのです。

変化は、スッとやるのがベストです
「こういうのをやってみませんか」と言われたとします。
「ダメ元でやってみよう」と、スッとできるかどうかです。

smIMGL4147_TP_V
「ダメならやめて、また次のことを考える」というぐらいでいいのです
ダメなことに、こだわらないことが変化することがラクになるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム