うまくいく男女の「距離」♪


男性と女性の距離の取り方♪

男性と女性の間での気遣いに、適度な距離感が必要です
そして、それぞれの性格や感性、恋愛観。
それによって気遣いになる場合とか出てくるように思います。

そういう意味で恋愛、または恋愛に発展しそうな場面において。
私達が意識すべきことは、相手の望むことを推し量ることだと思います
tenbin

相手が何を望んでいるか。
これは常識と想像力の世界です。
恋愛という特殊な心の状態ではそれらが思い込みと妄想になりがちです。

恋をしているとき、私達は自分であって自分ではありません。
それはお互いさまなので恋愛関係が成り立ちます。

ですが、お互いに望んでいることと望んでいないことの差が出てきたとき
男女は微妙に、または大きくすれ違っていくのです

恋愛において「転ばぬ先の杖」はないのかもしれません。
でも、少しばかりの想像力でふたりの関係がよくなっていくのです
そうならば、ちょっとした気遣いの大切さを考えてみてもいいのではないでしょうか

0I9A350615032140wakaranai_TP_V
誰かを好きになったら、その人のためにできだけのことをしたい。
そう思うのが人情です。
問題なのは、その「できるだけのこと」の範囲です

自分にとっての「できるだけのこと」が、相手にとっては迷惑になることもあります。
するとむしろ、「気が利かない」と思われることにもなりかねません。

拳ひとつの心の距離を心がけよう♪

ひとり暮らしの恋人の部屋に招かれたときも、微妙な空気があります。
その人の部屋を見ると、いろいろなことが即座にわかるものです。
PP_isuisu_TP_V

几帳面か、きれい好きか。
趣味、好み。

しかし、きょろきょろしすぎるのも、いろいろなものを勝手に手にとったりする。
このようなことは、初めてのときには控えておきましょう。

もしも興味をそそるものがあれば、「これ、見てもいい?」。
と断ってから手にとるようにしましょう。

彼が飲み物などの支度をするとき、「私がする」と言わないことです。
そこは彼の部屋なのです。

「何かお手伝いすることある?」くらいに留めておくことです。
初めて招かれたお客様として、ゆったりとしているのが素敵だと思います。

ふたりの距離はつきあいと共に近くなります
相手を知っていくうちに、お互いの嗜好はわかってきます

恋人として充実してくるのは、そのすべてではないですが相手の嗜好。
それも自分の肌になじんでくる頃です。

mizuhoAXCC_0653_TP_V
いつもいつも肌を合わせているのではなく、寄り添い、そして、時には拳ひとつの距離を置く
その間合いを計るのが、男女間における最大の気遣いではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム