「口元美人」が本当の美人!?


あなたは「化粧映え」する?しない?

「あなたの顔、化粧映えする顔ね」そう言われたとき、喜ぶべきかそうではないのか?
微妙な褒め言葉ですね。
化粧をすれば確かにキレイ、でも化粧なしではNG..そう言われてる気もします。

または、化粧が映えるのは美人の証?とも受け取れます。
「化粧映え」ということをわざわざ持ち出し相手を悩ます。
素直に「キレイね」ですませてあげないところが女性同士にありがちな会話。

良識ある女性、心ある女性は他人に向かってあまり「化粧映え」を口にしないものです
けれど、化粧映えはしないよりもした方がいいに決まってます。

化粧で美人度を落としてしまう時代。
化粧が映える顔は無駄にする必要もありません。
ならば、化粧映えするコツを知っておきましょう。

化粧映えする顔とはどんな顔でしょうか
単純に言うと、それは奥に隠れている顔です。

たとえば配置そのものは美しいのに、パーツごとに平凡
あるいは、目が一重だったり小さかったり
さらに、顔立ちは整っているけど、顔色や唇の色がくすんでいる

これらは、キレイが奥に引っ込んでるいる顔とも言えます。
こんな女性の顔は本当にちょっとしたメイクで見違えます

細く小さな目には、ファンデーションと口紅を塗りさえすれば、見違えります。
化粧がもつ特徴で、どこか一ヶ所メイクをすると、他のパーツがグッと前に出るからです。
まさにキレイの連鎖反応が起こるということです。

でも逆を言えば、残念な顔が奥に隠れているというのも存在します。
これは主に口元と顔の輪郭に難のある顔。
化粧をしない方がキレイ顔にはこのタイプが多いのは、化粧=口紅と考えてしまうからです。

口紅は口の形はもちろん、顔半分の骨格を目立たせ、結果欠点を際立ててしまいます。
それが化粧の逆連鎖を引き起こし、他のパーツまで暑苦しいものにしてしまいます。

化粧映えするコツは?

顔下半分に難ある顔は口元を目立たせずに顔上半分にポイントをおくこと。
目元に自信のない人も、目元をポイントにして、なおかつ口元に手を抜かない。
つまり化粧映えの絶対の掟とは、目を強調し、口元の欠点を隠すこと。

目と口が持つ意味と役割は大きく異なります。
人の美しさは、顔の下半分で決まるということになるのかもしれません。
だからもっとも化粧映えする人は、一見地味な顔立ちの口元美人

あらためて鏡を覗いて見て下さい。
あなたは、化粧映えする顔ですか?
自分が地味な顔立ちと悩んでいたなら、口元に重点を置いたメイクを試してみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム