「口元」が若さのキーポイント♪


あなたの表情は豊かですか?

顔の表情を作る表情筋がたくさんあるのはご存知ですよね。
その中で、日本人が使っているのは1割程度と言われてます。
そのため表情から感情が伝わりにくいようです。

表情筋をよく使う欧米人からみると腹話術のようにも見えるとか。
特に、日本人が使えていない筋肉は、眉の上の筋肉と目の周りの筋肉です。

欧米人は会話しながら、常に眉毛が上がったり下がったりします。
眉の上の筋肉が柔軟に動いているということです。
目もすぼめたり、大きく見開いてして感情を豊かに表現します。

同じように口の周りの筋肉も日本人は退化しがちです。
口を大きく開けなくても、舌先だけで発音できてしまうのが日本語です。
口を開けない、楽な話し方を続けていると、口の周りの筋肉はどんどん落ちてしまいます
CRI_IMG_6008_TP_V

ほうれい線が刻まれ、老け顔に繋がるだけでなく、垂れた筋肉が口にかぶさる。
そのため、澄んだ発音ができなくなります
チャットレディのお仕事にはクリアな発音は大切です。

楽な話し方は表情を無愛想にし、話し方の若々しさを奪ってしまうのです
若さを維持するためにも、目と口の周りの筋肉をできるだけ使って話すことです。

口角はキュッと上がった位置をキープ

口の周りの筋肉を使い、口角はキュッと上がった状態。
それは「笑顔」です。
「笑顔」で話すことには大きなメリットが2つあります

一つは口が大きく開かれることによって、ハキハキと明るい発音ができる事です
口角が上がった「笑顔」で「おはようございます」。
口角を下げて<ブルドッグ口>で「おはようございます」と言ってみてください。

印象がまったく違うのがわかりますか?
誰でも機嫌のいいときは口角を上げて、不機嫌なときは口角を下げて話します。

あなたの普段の口はどうですか?
「普段は普段の口」と思った方は要注意です。

笑顔で話すことの2つ目のメリットはアンチエイジング効果です
口角筋は「笑顔」で話すことが少なくなるとともに衰えます。

早い人では20代でも口角が下がり、無愛想な話し方しかできなくなっています。
今すぐ鏡の前で「おはようございます」と言ってみましょう。

口角は上がり気味ですか?下がり気味ですか?
口角の使い方は、あなたの話し方の印象を良くも悪くもします。
それ以上に、これから先のほうれい線の出方まで左右するのです。

いつもお客様に、笑顔の会話を提供しているチャットレディ。
このお仕事は若さを保つ、うってつけのお仕事と言えるのではないでしょうか。
もちろん、日々の生活の中でも口角を上げることを意識しましょう♪
BIS151026523938_TP_V


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム