「言葉の語尾」で印象が変わる♪


男性がぐっとくる言葉の語尾のポイント♪

言葉の「なのね」締め
これだけです。
語尾に「な.の.ね」を使うことで、言葉をやわらかくより女性的に表現できるのです。

「なにをするのですか?」と聞くところを、「なにをするの?」と「」で締める。
「そうなんだ?」というところを「そうなの?」と、終わりを「」で締める。
こうすると言葉の角がなくなって、やわらかい表現になります。

相手に「○○でしょ?」と質問したとします。
自分の意見が正しくて、それを相手に上から目線で教えるような印象になってしまいます。

でもこれを「○○ですよね?」と「」で締めたとします。
上下関係を意識させずに同意を得るような印象になります

相手があなたに伝えてくれたことが「間違っている」と感じたとき。
感じたまま相手に「それ、間違ってるよ」と言えば、相手を否定する表現になります。
これも「○○じゃなかったかな?」と「」で締めるのです。

これが「自分も確信していないのでわからないけど、○○だと思ったけど、どうだっけ?」
という言葉に変えると、回りくどいながらもやわらかい表現になります。

ただし、同じ「な行」を使っても「○○じゃないの?」という表現の注意点があります。
自分は正しいことを知っていて、知らない相手に対し上から教えるような表現になります。

この「なのね」締めは、自分が下手に出て、相手を立てる表現として使えます。
男性と会話するときは、男性に対して「教える態度」をとるとうまくいきません。

男性を立てることができる。
男性に負荷を与えない。
男性が一緒にいて心地が良く、リラックスできる。

そういった癒しを与える女性に、男性は心をひかれます
こんな風に、男心を把握していると、自然に表現にも磨きがかかります
そして、より愛される女性に一歩近づけるのではないでしょうか。

ただ、「なのね」を乱用すると、子供っぽくなりすぎたりします。
または、ぶりっ子になってしまうので、、会話の締めに使うのがポイントです。

男性のプライドを傷つけないように、男性の気持ちを理解する。
その上で、上手に「なのね」締めを使うとよいでしょう。

最初から会話で実践するのは難しいかもしれません。
まずは友人同士のメールなどで練習してみてはいかがでしょうか。

じっくり考えながら打つことができるので、実践して即効果を出すことが期待できます。
是非チャレンジしてみてください♪
普段、使い慣れない言葉であれば、取得したときのあなたのイメージはUPするはずです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム