「言葉」にも磨きをかけよう♪


いつの間にかタメ口になるのはNG

どんな仕事でも人間を相手にする以上は、まともな言葉づかいが求められます。
とくに接客業ではきれいでは丁寧な言葉づかいを忘れてはいけません

まず「ようこそいらっしゃいませ」「〇〇と申します。よろしくお願いします」。
くらいのことは、教わらなくてもいえて当たり前です。

やたらかしこまることはありません。
まさか「〇〇で~す。よろしくね~」。
などと、いかにも軽そうな言葉ではお客様もつきません
kuchikomi679_TP_V

とくに「あの人がぁー」とか「この前ぇー」。
このような変なイントネーションだらしなく伸ばす言葉づかいはダメです。
中には誰にでも友達口調でしゃべる女性がいます。

「うん、うん」「へー、そうなんだ」「だってさあ」。
自分の親くらいの立派な紳士に向かって、平気で言います。
もちろん、いくら常連の親しいお客様でも、こんな話し方をされたら気分を害します。

最低限、お客さまとの間には越えてはいけない一線があります
気持ちの上ではどんどん親しくなるのはよいことだと思います。

ですが、どんなにお客様が友達感覚で接してくれたとします。
それでもお客様とはハッキリ上下の関係になっているのです
要するに友達ではないのです

そこを勘違いして「今度のお休みさー、どうすんのー」などと...。
お客様は一応ニコニコしていても気分が悪いものです。

内心「お前の友人なんかじゃない。調子に乗って慣れ慣れしくするんじゃない」。
と思うでしょう。
kuchikomi1120_TP_V
友達口調は自分の仲間内だけのものです。
お客様に対しては、つねに立場をわきまえた言葉づかいが必要なのです

言葉は人間の中身がそのまま出る

言葉は中身をそのまま見せます。
「言葉はデタラメだけど、本当は磨き抜かれた素敵な女性」。
などということはありません。

「ウメー」「ウザイ」「キモイ」「ダセー」。
このような言葉を聞いて、かわいいと思う男性はいません。

磨かれた女性は言葉も磨かれています
言葉は人間の中身がそのまま出ます

もしお酒が入って言葉が乱れるというのなら、それは酒のせいではありません。
酔っても乱れないよう、中身から磨く必要があります。
言葉を軽く考えるようでは素敵な女性にはなれないということです

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V
いつの間にかタメ口になってしまうということは多々あると思います。
何度か会っていくうちに信頼関係が生まれてそうなるのは自然なことです。
でも、あくまでも相手はお客様ということを忘れないようにしたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム