男女の「コミュニケーション」の違い♪


コミュニケーションの男女のとらえ方の違い♪

コミュニケーションについて考える時、男女の違いは重要ポイントの1つです。
男女では、一般的にコミュニケーションに求めるものが違います

男性は、「物事を解決する」「伝達する」。
これらの目的があってのコミュニケーションをとろうとします。

よく男女のコミュニケーション上のエピソードとして、耳にすることがあります。
「付き合って一か月したら彼が冷たくなった」というものがあります。
N112_kanashiinamida_TP_V

男性は女性と付き合う前は、「この女性をものにしたい」。
という明確な目的があります。
ですから、メールをしたり電話をしたり、いろいろな心配りをします。

しかし、いざ付き合ってしまうと、当初の目的は達成したわけです。
ですから、コミュニケーションの量が減ってしまう、これは極めて自然なことなのです

一方、女性のコミュニケーションは、「話をただ聞いて、共感してもらいたい」。
という欲求が強いのです。

女性は、1日に最低1時間、2万語以上話さないと、欲求不満になると言われています。
これは男性のおよそ1・5倍の量です。

女性は話していくうちに感情が整理されて、スッキリしていきます。
心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

誰かと話しているうちに、「結局、こうしたかったんだ」。
と、自然と自己解決してしまいます。

男性は一般的に、必要事項を伝えるために会話します
明確な目的があってコミュニケーションをするのです

AL201_nomikai1220140830190036_TP_V
ですから、女性の話を聞いていて「どうして無目的な話をしているんだろう?」。
と不思議に感じたり、「結局、何が言いたいんだろう?」と疑問に思ったりするのです。
それを口に出して女性と口論になることがあります。

あなたが男性に話を聞いてほしい時。
聞いてほしいことが3つあるの」「5分だけいい?」。

などと、最初に具体的に話したいことや時間について提示するようにします
すると、男性は聞く準備ができます

「解決策についてアドバイスがほしい」のか、「ただ話を聞いてほしい」のか。
それについても話し始めに相手の男性に伝えておくといいでしょう。

男性に悩み相談をして、男性が解決策を提示すると、「ただ話を聞いてほしかったのに」。
と、不愉快になるという話もよくあります。

加えて男性の場合は、女性に比べて感情を表現すること、言葉で伝えること。
それに対して苦手意識を持っていることが多いものです。

また、女性の言葉の裏を読むこともできません。
ですから、察してくれるというのはありえないのです。

「私の気持ちを察してほしい」というのは女性の甘えです。
男性がわかりやすいように女性から言葉でしてほしいことを伝えないといけません

SEP_329915201730_TP_V
ストレスを溜めないためにも、「男性と女性は違う」ことを心得ておきましょう。
お互いの違いを理解し、歩み寄る気持ちを持つことが大事です
男女ではコミュニケーションに求めるものが違うことを心得ておきましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム