「心のブロック」かかっていない?


何も言わないほうが無難?

気遣いがうまくできない人。
そういう人はもしかしたら知らない間に心にブロックがかかっているのかもしれません。
気遣いがしたくても怖くてできない状態になっている可能性があるのではないでしょうか。

気遣いのひと言をかけようと思ってもなかなかできないときがあります。
私たちは心の中で「声をかけないことに対する言い訳」をいろいろ考えています。
kazukihiro0803DSCF5584_TP_V

「余計なことかもしれないし...」
「断られたらショックだし...」
「私が何か言ったところで対して影響ないだろうし...」

自分の中で言い訳することに慣れきってしまうと、その癖から抜け出すことは大変です。
そこから抜け出す第一歩は、そう言い訳をしている自分に気づくことです
そして、その言い訳を思いきって「相手に伝える」ことで不安が解消されます

「相手に伝えていいの?」と思うかもしれません。
ですが、一言伝えるだけで思いやりのある気遣いができるようになります。

無題3
「余計なことかと最初は躊躇しましたが...」。
「断ってくださっても構わないのですが...」。
「お役に立たないかもしれませんが...」。

このように、先回りして言ってしまうのです。
「何かをしてあげたい!」という思いを持っている人は少なくありません。
お客様に対してだけでなく、仲間に対してもそのメッセージを発する人がたくさんいます。

ときには「声をかけてもいいのかな?」と躊躇するような場面もあります。
たとえば、ちょっと様子がおかしい後輩がいたとします。

心配で声をかけてあげたい。
けれど、もしかしたら何か触れられたくないことがあったのかもしれません。

そんなとき、「おせっかいかもしれないけど、最近元気がないように見えるよ」。
「何かあった?」と声をかけると、相手への配慮が伝わります。
「余計なことかもしれないけど」のひと言でうまくいくことがあるのです

TAKA160421400I9A2651_TP_V

本音を隠さないことが真の思いやり

先回りして自分の気持ちをさらけ出すことは、お願いごとをするとき。
そんなときにも、効果を発揮します。

第一印象はいかにもバリバリ仕事できるイメージの女性がいます。
話すテンポも速く、説明のしかたもうまく、周りは若干気後れしそうになります。
しかし、あるメールからイメージが変わったのです。

「お忙しいときにこのようなお仕事をお願いするのは気が引けたのですが...」。
「勇気を振り絞って今回お願いしました!」。
と書かれていたのです。

「気が引けたのですが」「勇気を振り絞って」というフレーズ
それにその女性の本音が隠されているようで、心の距離がグッと縮まったような気がします

気遣いのひと言がうまく言えないときは、いったん自分の心を見つめましょう。
心にかかっているブロックを確認してみてください。

心の中に不安が生まれるという状態は「相手に対して何かをしてあげたい」。
そう思う以上に、「自分が相手にどう思われてしまうのか?」
このことに、とらわれてしまっているときです
TKBmokomoko_TP_V
ブロックがあることは、決して悪いことではありません。
相手のことを思うからこそのことです。

きっと言われた相手も「自分のことを配慮してくれているんだな」と感じます。
そして、安心して受け入れてくれるはずです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム