彼の「心に火をつける」技♪


この一言が男性の心に火をつける♪

恋人のような空気とはいえ、告白される前はあなたは彼の恋人ではありません。
ましてや、彼にあなたをしばる権利はありません。
あなたは誰と遊びにいくのも、デートするのも、つきあうのも自由です。

「彼女には楽しいことがたくさんあるしモテるから、つきあっておかないと」。
「いつ会えるかわらないのはいやだ」と思ったとき。
彼はあなたをしばりたい、つきあいたい、と思います

また、彼があなたに告白してつきあいたいのに、最後のきっかけがない。
というとき、嫉妬や焦りの感情が背中を押してくれることがあります

たとえばブティックなどで、「お似合いです」を連呼されたとします。
「そんなに売りたいの?」「本心で言ってる?」と冷静になることがあります。

KZ1796035_TP_V
ところが「このお洋服は先ほど迷ってた人がいたんですよね」。
「かなり迷って後でまた来るようなこと言っていました」。

このように言われたりすると、「誰かにとられてしまう...」。
という私たちの焦りの感情が刺激され、いそいで買うことがあります

だから彼があなたのことを好きだとします。
たとえば「サークルに何度もつきあってて言ってきてる人がいるんだよねぇ」。
「なんか、モト彼が会おうとか言ってきてるんだよねぇ」。

サラッとこのようなことを言ってみます。
すると、彼は内心「早く告白しないとほかのヤツにとられちゃうかも」と思って焦ります。
そうやって彼はあなたを好きだという自覚を強めます

「今のままだらだらしていたら、彼女が誰かとつきあってしまうかもしれない」。
「その前に告白しよう」と心を固める可能性が高くなってきます
PAK86_kusoyarareta20140125_TP_V

ただ、焦らせる場合も、小ざかしい嘘はバレたら信用をなくしたりします
または、うしろめたくなったりして長い目で見て損をしてしまいます。
できるだけ本当のことだけを言ったほうがいいでしょう。

「彼はきっと私のことが好き。【つきあってるの?】って聞いてみよう」。
といそぐよりも、もう少し待ってみます。

彼に「早く自分の彼女にしたい。いつか言おうかな、公園に誘おうかな」。
などと考えてもらって、告白してもらいましょう。

彼はドキドキしてどんどん気持ちが盛り上がります
しかも、あなたも彼の気持ちがしっかりと確認できて、つきあったあとも安心なのです
でも、小ざかしい嘘はつかないことが大切です。

TAKEBE_micyatta_TP_V
恋が始まりそうなときは、どうしても答えをいそいで出したくなるものです。
つきあっているのか、つきあっていないのか中途半端な時期は焦りも感じます。
そこをグッとこらえて彼からの告白を誘導する言葉を使いましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム