「心」を開いて身近に感じる♪


プライベートを打ち明ける人は好かれる?

☆こちらが話せば相手も話す
誰かに好意を持つと、その人に自分のことを知って欲しい。
また、相手のことも知りたいと思うようになるものです。

そこで、なるべく話しかける機会を多くしようと努力します。
最初は当たりさわりのない話題を、それから少しずつプライベートな話に入っていく。

ただし、お互いの関係が深まるかどうかは「自己開示」できるかどうかにかかってきます
自己開示とは、相手に心を開く、自分の本音や弱点を含めた自分を相手に見せるということです

自分自身について話せば、自然と相手も自分の事を話すようになります。
両者の自己開示がスムーズにいけば、相手のことをより深く知る事が出来ます。
そして、相手に親しみや好意を抱くようになります。

考えや意見を交わし、悩みを打ち明けたりすることで親密さは増し、信頼関係が生まれます
逆に、自分のことを話さなければ、相手も自分の事を話さないということです。

お互いのことをほとんど知らなければ、その人に対する親しみも好意も生まれないのです
人が親しくなる段階で、自己開示は重要な要素です

自己開示のしかたは人によって違います。
外交的な人、開放的な人は誰とでも打ち解けるのが速く、自分のことをオープンに話します
かといって、初対面の日にすぐ自分のプライベートを話す人はあまり信用されません。

一方、内向的は人は、なかなか自分の心の内をさらけ出しません
他人にあまり自分を見せないので、殻に閉じこもっているような印象を受けます。
しかし、相手を観察し、個人的なことまで話していいものなのか考えている場合もあります。
MIMIYAKO85_katawoyoseauhutari20140725-thumb-815xauto-17408

弱点を見せれば深密度は高まる

内向的とは別に、相手が自分を語ろうとしない場合もあります
●自分の欠点を見せると相手に嫌われてしまうのではないかと恐れを抱く場合。
●他人に欠点や弱みを絶対見せたくないと思っている場合。
●相手と親しくなりたくない場合。

自分の弱点を見せたくないという人は、自分に自信がないくプライドも高い人です。
しかし、自分の弱点を隠そうとばかりしていれば、親しい友人も出来ない。
相手が自己開示しているのに、自分の方で心を閉ざしていては、関係はいっこうに進展しません

その人について深く知れば知るほど、相手に親しみや好意を抱くようになるのです
考えや意見を交わし、悩みを打ち明けたりする。
そのことで、その関係はさらに親しいものになるのです

相手を深く知りたい場合は、まず自分のことを話してみましょう
飾らず、自分を素直に見せることで、相手との関係も深くなっていくはずです
PPG_kouyoushitakitobenchinisuwaruhito-thumb-autox600-13353


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム