自分の「キメ笑顔」を知ろう♪


迷ったら「キャラ全開笑顔」で♪

女優や有名アーティストは、じつは自分のキャラに合う「キメ笑顔」を持っています。
ある女優は、写真では口を開けて笑いません。
もともと歯並びを隠すために、この笑顔を作っていたそうです。

その女優自身のキャラクタクーと合い、定着してしまったのでしょう。
また、もう一人の女優さんは公式写真はつねに歯を見せずに微笑んでいます。
これは「アイドルのように扱われたくない」というキャラクター主張かもしれません。

では、「自分のキャラ」に合う美人になるために、「キメ笑顔」を作ってみましょう
とくにSNSに載せる写真の多くは、笑顔になります。
yuka0i9a1561_7_tp_v

「キメ笑顔」は口からつくる♪

表情を変えるときは、「口」から動かします
しゃべる、食べるをくり返している「口輪筋」という筋肉は、最もよく動く筋肉だからです

表情が変わったように見えるのは、目の形が変わるからです。
正確には目の周りの「眼輪筋」といった筋肉があります。
この他の表情筋、この場合は口輪筋の動きにつられて形を変えています。

眼輪筋じたいは、単独では動きません
ですから口の形から変えましょう

3唇
これから解説するキャラクターの笑顔それぞれに「トリガーボイス」というものが登場します。
トリガーボイスとは、キャラを引き出すきっかけ(トリガー)になる言葉です
心の中でつぶやいたり、実際に声に出したりすると、自然とそのキャラの表情がついてきます

自然体系キャラの人は、ナチュラルでありたい人です
温和で親しみやすく、つくっていない人。
環境への適応が早く、仕事も家庭もバランスをとろうとします。

そのため、基本的に余計な動きはしません。
まっすぐなイメージです。

ちょっとものたりないくらいですが、実はポーズなどをとらない「生っぽさ」
それが、一番強いことを知っています

ですから朝の挨拶をするような「さわやかな笑顔」をつくることが基本です。
トリガーボイス...「一緒にやりましょう」「よろしくお願いします」「こんにちは」

癒し系キャラの人は、かわいい女性でありたい人です
少女らしさと母性が同居している。
なんとなくまわりはホワッとしてあたたかい空気になります。

でも実は、他者のためというより、いつも女性らしく、かわいらしく努力している自分
その自分が大好きという側面もあります

好きなものに囲まれている自分の部屋の中にいるイメージです。
写真では、その「自分愛」ムードがなぜか共感されます。

同じように思っている人が多いからです。
トリガーボイス...「大丈夫?」「それ大好き」「お疲れ様」「お帰りなさい」

YUKA160322000I9A4287_TP_V
自分らしいキャラと笑顔のつくり方をマスターしたとき。
いくつかのキャラの笑顔を意図的に使い分けてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム