「聞く時の表情」も大切♪


聞き上手な顔の作り方♪

楽しく話をするのが嫌いな人はいないはずです。
特に女性は、話し好きの人が多いですね。

逆に、聞き上手だと自分のことを思う人は多くはないと思います。
話すのは好きだけど、聞くのは苦手という人のテクニックがあります。
それが、「聞き上手顔」というテクニックです。

難しいテクニックではありません。
ごく単純なことです。
誰にでもでき、すぐにできることです。

不思議と聞き上手になれる方法なのです。
まずは、利き手をグーにします

その状態で、人差し指だけ、ちょっと開きます
人差し指の先端が、親指の第一関節くらいにつけます

親指と人差し指で、丸い輪ができるはずです
その手を唇のとこにもっていきます

口をグーにした手で、押えている感じです
これで、「聞き上手顔」です

男性が楽しそうに話し始めたら、この聞き上手顔をしてみましょう。
唇を押えてしまっているので、話づらい、だから、話したいという気持ちを抑えられます。
同時に、「あなたの話を真剣に聞いていますよ」というポーズになります

IMGL5336_TP_V
こんな顔で、話を聞かれたら、男性は間違いなく気持ち良くなってしまうものです
自分の話を真剣に聞いてくれる人...。
そういう人だと思うと、誰でも好感を持ってしまうものなのです。

「なに?顔」で好感度アップ♪

人の話が聞こえないとき、眉間にシワを寄せて「え?」という顔をする人がいます。
その人にしてみたら何気ないことかもしれません。
ですが、相手にしてみるとその顔をされると気分が悪いものです。

眉間にシワを寄せられると、機嫌が悪いのかと思います。
された側も決して気分のいいものではないですよね。

そういう人を見て自分はしていないだろうと思うかもしれません
でも、いざ自分が同じ立場になったとき意外にしている表情です

他人の顔を見て、自分の顔を意識したとき。
自分も他人を不愉快にしていることは多々あります。

skincareIMGL7806_TP_V
「ごめんなさい、もう一度今の話してください」というのも気が引けます。
会話のキャッチボールを崩してしまうことがあります。
そんなときのテクニックがあります。

「もう一度、言ってもらえる?」を求めるときの顔に秘訣があります。
目をパチクリ大きくさせて、「なに?」と言ってみてください

楽しい会話をしているとき、人は、目を大きく見開くことがあります
それと同じような感じで、目をパチッと開いて「え?」「なに?」と聞くだけです
それだけで「今のこの時間をイヤだと思われてないんだな」という印象を受けます。

「何言ってんの?この人」と捉えられてしまう眉間にしわよせの「なに?」。
それをするなら、「興味ある?」と捉えてもらいやすい、パッチリ目の「なに?」。
これをするほうが、相手が話したくなる度はアップします。

yukayukaIMGL0395_TP_V
聞き取れなかったとき、一度自分の眉間をさわってみてください
シワを寄せてたなら、危険信号です。
シワを見せないことが、聞き上手の鉄則です

ただ聞くことだけが聞き上手ではありません。
相手は表情をしっかり見ています。
二つのテクニックをチャットレディのお仕事に活用してみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム