「健康美」に必要なこと♪


質の良い眠りで美を維持しよう♪

質のよい深い睡眠をとることは、美と健康の基本です
なぜなら、人は、深い睡眠に入るほど、副交勘神経が活性化されます。
そして、腸も一番充実して動いてくれるからです。

そうすると代謝もよくなり、太りにくい体になります。
また、血液の質もよくなり、肌も髪も美しく健康になります

質のよい睡眠とは、時間の長さではありません。
研究結果によると「6、7時間がベスト」だといわれます。

短くても、いかにスムーズに副交感神経を高めて、質のよい深い睡眠に入っていくか
それが、なにより大事なことなのです

そして、案外知られていないことが、質のよい睡眠をとるための最大のポイントです。
それは「昼間の過ごし方」にあるのです。

睡眠は、体の中に「メラトニン」というホルモンをどれだけつくれるかが、すべてです。
昼間にメラトニンのもとになる「セロトニン」というホルモンを作らなければいけません。
そして、セロトニンはどうやってできるかといえば、適度な集中と運動です

PJMIMGL0285_TP_V
でも、毎日運動するのは、なかなか大変ですよね?
ですから、質のよい睡眠をとるために、おススメする方法は、昼間に集中して歩くことです

だいたい合計20?30分間くらいは、スマホで音楽を聴いたりする行為。
ぽーっと考えごとをするのもやめて、とにかく「歩く」という行為に集中する。
「自分が歩いている」ということに、意識を集中することです

とにかく「集中」が、キーワードです。
それで、まず問題なく質のよい睡眠をとるためにセロトニンをつくることができるはずです。

また、それは、決して難しいことではありません。
通勤タイムを利用すれば、特別なウォーキングタイムを設けることです。
「20?30分間集中して歩く」ことは、誰にでも簡単にできるはずです。

また、休みの日など、時間のあるときの朝夕の散歩も、おすすめです。
このときは、「セロトニン」をつくる必要はないので、集中して歩く必要はありません

むしろ、花の匂い、風の匂い、自然の陽光を、五感いっぱいに感じながら、ゆっくり歩く
そうすると呼吸も深く安定し、自立神経も整ってきます

すると、ごちゃごちゃしていた頭がすっきりしたり、心が爽やかになります。
そしていいアイディアが閃いたりします。

_DSC0092_TP_V

昼寝は、よしあし

自律神経を整えるためには、昼寝は、残念ながら全部がいいといえません。
休みの日に、1時間半、ゆっくりと昼寝をする。
それは、まだ大丈夫です。

ただ、30分ぐらいの短時間の昼寝だったら、それはやめておいたほうが賢明です。
自律神経を整えるポイントのひとつは、「リズム」です
ですから、生活のリズムを狂わせるような短時間の昼寝など、過度の変化には弱いのです。

普段、昼寝をしない人は、なるべくだったら休日も、あまり昼寝をしないほうがいいのです。
休みの日に昼寝をすることで、夜の睡眠の質が悪くなってしまうと、もったいないことです。
上手に生活のリズムを自覚して美と健康を維持してください

YUKAPAKU3215_TP_V
今日から季節の変わり目です。
札幌はまだまだ寒いですが、不規則な生活で体調をくずさないようにしてください。
日常でもチャットレディのお仕事でも健康美は必要不可欠です♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム