会話に「堅苦しさ」は不要♪


言い方ひとつで印象は変わる

会話では、かしこまった言葉づかいをされると堅苦しさを感じます。
ざっくばらんなほうが、気持ちが伝わりやすい場合があります
普段使っている言葉を使ったほうが、気持ちを表現しやすくなるからです

自分の呼び方で考えてみましょう。
「わたくし」というよりは「わたし」と言ったほうが、気持ちが乗るでしょう。
方言がある地方では、方言を使うと親しみが湧きます。

語尾にしても、「ございます」と話すと、堅苦しさが倍増します。
友達と話すときは、「○○なんだよね」。
年上の方と話すときは、「○○なんです」という言い方だ一般的です。

出来事を表現するときも、話がやわらかくなる言葉を使いましょう。
「顧客」というよりも「お客様」。
「穏和な人柄」というよりも「穏やかな方」。

「実用的な」というよりも「毎日使う」。
「朴訥な」というよりも「飾り気がなく、口数が少ない」。

「身長の高い」というよりも「背の高い」。
「拝借する」というよりも「お借りする」。

「適宜」というよりも「適当に」。
「若干」というよりも「少し」。
というように言い換えます。

PAK85_telshinagaramemowosuru1292_TP_V

的確な敬語を使いこなせる人は少ない現代です。
また、日常的に敬語を使うことが少ないかもしれません。
しかし、その場その場に適した言葉を操れるようでいたいものです。

「不まじめ」な会話も時には必要

多くの人が、「堅苦しい話はおもしろくない」と理解します。
では、なぜおもしろく感じないのでしょうか。

話の内容に驚きがないことがあります
そのため、すでに聞いたことがあるという気持ちになってしまうのです。
次に、話の展開から、話の先が読めてしまうということがあります

さらには、内容を伝えようとするあまり、驚きやおもしろさを前面に出してしまう。
これらが、話し手の気持ちが伝わりにくくなっているのです。
おもしろい話をするためには、この逆を条件を作り出すことが必要です

はじめて聞く話だと感じさせること
どのような展開になるか先が読めない話をすること
そして「驚いた」「おもしろい」と、気持ちの伝わる話をすればいいのです

045af2998c64a221aebec7b9c89a3ad4

まじめな人は、人か批判や非難を怖れるあまり、無難な話をしがちです。
しかし、これがおもしろくない話の代表です。

人を傷つけない範囲で、まじめな話から脱却することが話をおもしろくします。
まじめな人は、大袈裟に言ったり、嘘が入ったりすることに抵抗があるかもしれません。
しかし、話をおもしろくするためには大切なことなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム