本当の「以心伝心」とは?


「以心伝心」を求めるのは禁物

言葉を交わさなくとも、気持ちが通じ合う。
いわゆる「以心伝心」や「あうんの呼吸」という関係があります。
夫婦関係や団体スポーツなどでは、一種の理想型とされている関係です。

たしかに、長年良好な夫婦関係を築いていく。
すると妻のちょっとしたしぐさや視線などで、大抵のことは理解できるようになります。
そしてこちらも黙ったまま、それに応えます。

妻に口元に感謝の微笑みをたたえ、かすかな会釈をする。
まさしく優雅で美しい、理想的な関係と言えるでしょう。
たんぽぽ

「以心伝心」や「あうんの呼吸」を求めることは危険を伴います
それは、こうした関係は一歩間違うと「わざわざ言わなくてもわかるでしょ」。
という依存関係につながってしまうからです。

どうして「わざわざ言わない」のでしょうか?
おそらく「面倒くさい」という単純な理由もあるでしょう。
「それくらい察してほしい」という希望もあるでしょう。

「わたしのことを理解してるなら、わかってくれて当然」
という強要だってあるかもしれません。
いずれにせよ、それは相手の理解を無理強いしているだけのことです。
TS0529001_TP_V

本当の以心伝心は、相手に求めるものではありません
相手の表情やしぐさから、こちらが気持ちを察してあげる関係
相手が言葉にする前に、それに応えるあげる関係。

それが本当の以心伝心です
決して、こちらから理解を求めていくものではありません。

中途半端な以心伝心は、深刻な誤解を招く可能性があります。
自分の気持ちを言葉にすることに怠けず、いつでも本音の会話が関係をめざしましょう。

その質問はどこから?

続いて、恋人同士の口論について考えてみましょう。
まず最初に確認しておきたいのは、恋人のような非常に近しい関係の場合。
ある程度の口論、すなわち感情のぶつかり合いはあったほうがいいということです。

ときには感情をぶつけることをしておかないと、ストレスがたまるばかり。
それが爆発したときには手遅れになってしまいます。
kawamura1029IMGL4465_TP_V

ここで大切なのは、口論の中から相手の気持ちをしっかりと読み取る
それを今後の関係にプラスになるような努力していくことです
みなさんは、男性からのこんなセリフ、身に覚えはありませんか?

どうして君は素直に謝れないんだ
どうしていつも待ち合わせに遅れるんだ
どうしてそんなに無駄遣いをするんだ

この文章を読んだだけで、腹立たしい気持ちになる方もいるかもしれません。
これは、一見すると相手の言動をなじっている、批判の言葉です。
しかし、よくよく考えると、これは単なる批判ではありません

「素直に謝ってほしい」
「待ち合わせに遅れないでほしい」
「無駄遣いはやめてほしい」

こういう、シンプルな「お願い」の言葉なのです
それを素直に言えないとき、そのような激しい質問調の文句が出てきます。

もしも、あなたが「どうして、あなたは...」と口にしそうになったとき。
質問がどこから出てきているのか、考えてみてください。
kawamura1029IMGL4517_TP_V
そして、「こうしてほしいんだ」という気持ちが見えてきたとします。
そのとき、素直にそのまま口にするようにしましょう

もし「前々から思っていたこと」であっても、わざわざ前置きを入れる必要はありません。
最後に「あなたって、いつもそうよ」と付け加えればいいのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム