「色」を使い分ける効果♪


身のまわりの「色」気にしたことある?

色が全部で何色あるか知っていますか?
赤、青、黄、緑、紫...ざっと50色、いや少なくとも100色くらいでしょうか?

驚くかもしれませんが、実は、色はなんと約750万~1千万色あると言われています。
しかし、あくまで人間が認識できる色としての数です

たとえば、犬はまわりの色がはっきり見えないそうです。
その代わりに嗅覚がすぐれているので、そこまで視覚情報に頼る必要がないのです。

一方、ミツバチには見えない花のまわりにある紫外線に色がついて見えます。
そこに引き寄せられて蜜を探ることができると言います。
犬にしても、ミツバチにしても、見える色の数には、そういった意味や理由があるのです
tdog17030723_TP_V

服の色に「熱いメッセージ」を込める♪

人間が見える色にもまた、それだけの色が見える意味や理由があります
色が生理的、心理的な作用があることは、さまざまな実験検証の結果が出ています。

ビジネス、プライベート、どちらのシーンにおいても色の与えるメッセージ。
それを考えて選んでいくことは、相手への気遣いに繋がるのです

たとえば、「濃紺のブレザー」「赤のスカーフ」「白のブラウス」とお決まりのスタイル。
紺は「誠実」、赤は「情熱」、白は「潔白」
そんなメッセージが秘められているのかもしれません。

VER88_sumafonayamu15150207_TP_V

相手目線で選ぶことを忘れない♪

ここでお伝えしたいのは、シーン別の色遣使いのコツというわけではありません。
相手やシーンを考えて色を選ぶ」ことの大切さを、ぜひ覚えておいてほしいのです。

自分の好きな色ばかり着ていたとします。
それを男性に、「いつも代わり映えしない服着ているね」と言われた...。
このひと言には、オシャレに興味のない女性という認識も多少あるような言葉です。

自分本位でなく「相手にとってどうなのか」。
という視点で色を考えなかったということになります。

私たちのまわりにあふれる無数の色があります。
ぜひその色の意味を考え、相手へのメッセージとして取り入れてみませんか?
「色の気遣い」がもたらす影響は、自分が思う以上に大きいものなのです

知ってトクする色の知識
.赤 決断力 活力 情熱
.オレンジ 仲間意識 社交 親しみ 自己顕示欲

.黄色 好奇心 楽天的 優柔不断
.青 理性的 冷静 安定 平凡
.紫 神秘 美意識 感受性豊か

.ピンク 優しさ ロマンティック 穏やか
.白 崇高 理性 潔癖
.黒 鋭い感性 独立心 反抗

PAK85_kakomaretairoenpitu1278_TP_V
以上のことを踏まえ相手やシーンを考えて、色を選ぶことが大事です。
「メッセージ」を込めて、色を選んでみましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム