「色」パワー♪


疲れた心や体を癒してくれるカラーは?

「ストレスを感じるのは生きている証」なんていう人もいます。
でも、ストレスなど感じずにすむなら、そのほうが絶対幸せですね。
疲れた心や体を「色」で癒し、ストレスのない生活を目指しましょう。

明るいブルーで精神的疲れを解消

毎日、張り詰めた生活で神経がピリピリ、胃もキリキリ。
精神的に追い詰められてる時は、空や海のような「水色」=「明るいブルー
明るいブルーは自立神経に働きかける力があります。
この色を見てると副交換神経に作用し、心がクールダウンしていきます。
呼吸もふわ?と楽になり、リラックスできるのです。

生活の中に明るいブルーを取り入れるなら、洋服よりも、ネイルやリングがいいでしょう。
いつも、あなたが目にするところに取り入れるのがベストです。
神経が高ぶって夜なかなか寝付けないときは、目を閉じて明るいブルーを思い浮かべましょう。

肉体的に疲れているならグリーン

とにかく肉体的にハードで、毎日寝る時間もなく「一日24時間では足りない」と思ってる人。
そんな人はグリーンを取り入れましょう。

グリーンは明るいブルーと同様に、精神的な疲れを癒してくれます。
また、筋肉の緊張を和らげ、肉体的疲労を軽減してくれます。
「目が疲れたら緑の植物を見るといい」よく言われます。

これも理由のあることで、グリーンを見ると毛細血管が拡張します。
そのことで、筋肉がほぐれ、瞬きの回数が正常に戻るとされています。
部屋に観葉植物を置くのもいいですね。

ストレスで食欲不振なら赤やオレンジ

精神的にも肉体的にもへとへとに疲れてしまうと、食事の気力も失せます。
そんな時に暖色系の「」や「オレンジ」が効果的です。

赤やオレンジには血流の流れをよくし、内臓の働きを活発にする力があります。
この色を目にするだけで食欲が出てきます。
食欲がないと感じたら、食卓まわりや食材に赤やオレンジを取り入れましょう。

過食気味なら青や紫を使う

ストレスで食欲不振の女性もいれば、逆に食べることでストレス発散する人もいます。
食欲があるのはいいことですが、食べすぎは太ったり、吹き出物の原因になります。
こんな人は、寒色系の「」や「」です。

青や紫には食欲を減退させる力があります。
食べ物を乗せる器などに用いると、色の反射で料理が不味そうに見える作用があります。
ついついお菓子などに手が伸びてしまう人は、目の前に青や紫にアイテムをおきましょう。

どうですか?当てはまるストレスはありますか?
ないにしても、こんな博識もお客様との話題に盛り込んでみるのもいいですね。
特に、男性は疲れてストレスを溜め込んでますから...。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム