「服装」+「振る舞い」=美♪


装いと振る舞いの大切さ♪

物を拾うときは、膝だけ横に曲げる
着物を着たときの作法です

スカートのとき、腰を曲げてただしゃがむと後ろから下着が見えてしまいます。
そんなとき、スッとしゃがみ膝を横に曲げる
手を床に伸ばし、上品に物を拾ってみましょう

優雅で上品で、清楚な大人の女性オーラがそのシルエットから出されます
スカートのときだけじゃなくても、どんなスタイルのときも一緒です。

スッと膝を横に曲げて、できる女性をその一瞬で演出しましょう。
これが、誰にでも受け入れられるしぐさです
膝を曲げる、この形自体が女性らしさを倍増させてくれます

何かを拾うだけでなく、ハイヒールのストラップに手をかける。
足を組んで足をいじるのとはわけが違います。

かがんで膝を横に曲げ、下着が見えないように膝を閉じる。
この振る舞いが色気を出してくれます
日本女性の代名詞「やまとなでしこ」です。

こういった、清楚で美しいスタイルに好印象を受けない人はいないはずです。
是非マスターしましょう。
パンツスタイルが多い女性も、何を身につけていても、「女性」ということを忘れずに。

服を着るというのは人間だけに与えられたものです。
着物を着るという文化は、今となっては特別なときだけになりました。

当たり前のように洋服を着ている私たち。
でも、その洋服も四季問わずに、同じ服を着ている人も少なくありません。
それも人それぞれの考え方があるので、決して否定できるものでもありません。

でも、女性としての身だしなみを考えたなら、きちんとしたファッションに身を包む。
決して高価な物でなくても、その時その時に合った服装で、自分を主張することが大切です

大事な人に会う、大事な仕事に行く
その時に、普段着でもよいのでしょうか。
かわいいか、かわいくないのかの問題外です

それ以前に相手に失礼ということを考えましょう。
もちろん、気の知れた相手に会うときは、それでも問題はないでしょう。
いろんなファッションを考えたりするのは、けっこう疲れる作業かもしれません。

楽な服装ではなく、ちゃんとして服装でいる時、あなたは輝くはずです
楽な服装に逃げている女性たちよりも、美しくなるはずです

今年、成人式に出られる方もいるでしょう。
着慣れない着物でも、この日は女性らしい振る舞いが必要とされます。
普段、気にかけない窮屈な動きを要求される着物。

でも、背筋も伸ばし、綺麗なものに包まれてる緊張感はいつもと違うと思います
これを機に、普段の服装や振る舞いを見直す、よいチャンスになるのではないでしょうか。
KIM150922437551-thumb-autox1000-19870


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム