誉め合いが「美肌」を導く♪


誉めることが美肌につながる♪

人に誉められると女性はキレイになる」。
昔から言われてきました。
実際、誉められるとそれだけで人は元気になりエネルギッシュになります。

そして「誉められたもの」を一層伸ばそうとします。
「肌がキレイね」と誉められた日の晩「それならサボろうかな」と思う人は絶対いません。
全員がその誉められた肌を一層入念に磨き込むはずです

誉められることは「自信」も生みますが、一種の「義務感」も生まれます。
誉められたことを他人から撤回されたくないと思うからです。
キレイなままでいなければいけないという義務感が新たにキレイを生むのです。

一方、誉める側にも誉めるなりの「効果」というものが働くのを知りましょう。
人でも物でもいい、ともかく何かを誉めたとき、人は妙に気持ちがいいものです。

それは単に何か良いことをしたときの気持ちよさとは少し違います。
何ともいえない「心のゆとり」というものがそこに生まれるのです。
誉められた方が、嬉しいけれども何らかの義務感を抱えてしまうものではないからです。

誉めた方は単に気持ちがいいだけではなく、相手よりも自らを一歩引いた立場に置く。
このことが、一種の安らぎを覚えるのです。

特に女性同士、片方が片方を「キレイね」などと誉めるとき、そこに戦いを挑まない。
だからこそ「安らぎと幸福感」が生まれ、心を満たすのです。
それはある種のリラクゼーションになります

誉められらた方は「励まし」を、誉めた方は自ら発した言葉に「癒し」を感じるのです。
いわゆるお世辞やヨイショ的な誉め言葉は、余計にストレスを抱えることになります。

心底良いと思って誉めた時にだけ、人は癒されるのです。
同様に自分が使っている化粧品を誉める時も、似たような「癒し効果」が生まれています。

人と化粧品も、味方につけるか敵にまわすかという、抜き差しならぬ関係があります。
化粧品効果もまるで生き物のように、誉めれば味方につき、けなせば敵にまわる。
人の気持ち次第で立場をひるがえすのです

ただの水も、効くと思えば利いてしまうという事実もその証です。
逆に化粧品の悪口を言うと、それだけで肌が荒れて人相が悪くなる気がする。

それも本来女性の味方になろうとする化粧品を疑うことで、ストレスが生まれるからです。
だから口に出さなくても「あなたは良い子」と頭の中で言いながら使ってあげましょう。

化粧品効果を生かすも殺すも、使う人の中にあるストレスの度合いしだい。
ストレスのない女性には、化粧品がきわめて効きやすい
このことは、科学的にも証明されているのです。

PAK86_okesyouhin-thumb-815xauto-16058


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム