「平常心」は10秒勝負♪


イライラしたときの解消法♪

何か気に入らないことがあるとすぐに腹を立ててしまう。
そして、パニックになってしまう人がいます。
誰でも、気分がすぐれないときはあります。

仕事に追われているときや、時間に間に合わずに焦っているとき。
他人の気持ちを考える余裕がなくなってしまいます。
そしてつい、態度や口調に、イライラや怒りが出てしまうのです

ところが、そうやって焦っているときに限って、ミスを犯してしまいます
さらにパニック状態に陥るのです
PAK86_kusoyarareta20140125_TP_V

このようなイライラ状態というのは、心にもマイナスに働きます
精神衛生上いいことは一つもありません
また、周囲の人の心を傷つけ、あなたの評価を悪くしてしまいます。

自分の気持ちをコントロールできなくなる。
するといつもの自分では考えられないような行動に出ます。

大きな声を出したり、物を投げ出したりして当りちらす、ということもあります。
これはたいへん危険なことです。

場を選んだ上でのストレス解消ならば、いくら感情を発散させてもいいのです。
大きな声を出すにしても、人に迷惑をかけないカラオケで歌ったりする。
広いところで叫んでみたりすることになります。

物に当たるにしても、サンドバッグを叩いたり、バッティングセンターに行ったり。
これは、自分が感情をコントロールできる状態にあるときのものです
しかし自分を見失ってなってはいけません。

冷静な状態ではないため、適切な判断ができません。
いくら焦っても、事態は好転しません
困ったときこそ、平常心で乗り切るようにしたいものです

もし、困ったことが起こり、どうしようと思ってパニックに陥りそうになったとき。
まず「間を置く」ことが大切です。
KAZUHIRO171013377_TP_V
たとえば、いら立っているときに、頭の中でゆっくり10数えてみる
それは、脳を冷静にする効果があります
とてもシンプルな方法ですが論理的な裏づけがあるのです。

「売り言葉に買い言葉」というように、ちょっとした嫌味を言われたとき。
すぐに言い返すと鋭く相手を傷つけてしまい、たちまち喧嘩がエスカレートする。
という場合があります。

こんなことも、10数えて間を置けば、避けられることでしょう。
また、イライラを抑えて冷静になるためには、深呼吸するのもいい方法です

ゆっくりと深呼吸することで、自然に間を置けます
10数えるのと同じ効果があるのです
また、深呼吸すると酸素をたくさん吸い込めるので、脳を沈静させる効果もあります。

感情がたかぶったあまり、自分を見失いそうになったとき。
ゆっくり深呼吸して間をおくようにしましょう

00_PP19_PP_TP_V
それから冷静な判断に基づいて行動すれば、ストレスを鎮めることができるのです
ストレスの多い現代社会、自分でコントロールする技も知っておきましょう。

ストレスの発散を他人にぶつけていては人間関係が上手くいかなくなるのは歴然です。
表情に表われてしまう前に対処しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム