「愚痴」を聞かされたら勝ち組♪


会話上手は「愚痴」を聞くことから始まる!?

あなたはよく友達などから愚痴を聞かされることがありますか?
そうならば、あなたはその人に信用されているのです
そう思って間違いありません

あなたに愚痴を話す人は、あなたに甘えています。
あなたなら、嫌な顔をしないで聞いてくれると、信じきっています。
それに甘えているだけではありません。

あなたの価値を認めているのです
人からそんなふうに思われるなんて、素晴らしいことです。
000KZ1868_TP_V

愚痴の中には秘密に近い内容や、ほかの人には話せないことが含まれてます。
あるいは本人にとっては、恥となるようなこともあるでしょう。
それをあなたに話すのですから、かなり信用していなければできません

それでは、愚痴を聞いたら、どう返事をすればいいのでしょうか?
むずかしく考えなくていいのです。

一生懸命聞いてあげれば、それであなたの役割は九分どおり終わったも同然です
愚痴の聞き役は、人生相談の回答者ではありません

もっともらしい答えを出さなくてもいいのです。
相手は回答を求めているのではなく、あなたにしゃべることで、ほっとしたいのです
喉元にひっかかっていたものを吐き出せば、それで満足するのです。

愚痴はそれを人に話したところでどうなるものでもありません。
本人がそのことをいちばんよく知っています。
知ってはいるけど、人に話したいのです。
00_PP19_PP_TP_V
また、しゃべることで救われることもあります。
具体的な解決にはならなくても、話すことがその人を癒します
愚痴の聞き役は、カウンセラーのようなものです。

人の愚痴を聞くときは、余計なことをいわずに、適当に相づちを打てばいいのです
相手が話しやすい雰囲気を、ひたすらつくるようにしましょう。

相手のすべてを受け入れる
相手の全部を肯定する
そうでないと、聞き役になれません。

そして聞き役の条件として大切なのは、ゆったりしたペースづくりです
聞き役の頭が休みなく回転しているといった緊張感は、逆効果にしかなりません。
相手がベラベラとまくし立てても、聞き役はのんびりした態度で接しなければなりません。

特に現代人は、やさしさに飢えています。
だから、やさしい聞き役を渇望しているのです
しゃべっている内に不思議とのんびりした気持ちになる、そんな時間が欲しいのです

最初は勢いにまかせて早口で話していたのに、いつの間にかゆっくりしゃべっている。
そんな自分に気づくのです。
そんなふうに相手が感じられたら最高です。

そのときのあなたは理想的な聞き役、相手の人にとってかけがえのない存在となっています
愚痴が聞けたのだから、普通の話を聞くぐらい簡単です。
会話上手は聞き上手でもあるのです。
0i9a7278_tp_v
聞くのに慣れてくると、相手が何を求めているのかがすぐにわかるようになります。
チャットレディさんもお客様から愚痴を聞かされたらチャンス到来です
しっかり聞き上手に徹しましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム