「疑問」を疑問のままにしない。


嫉妬の前に話し合い♪

よく、恋をしたら美人になれると言われます。
たしかに、恋をするとホルモン系の流れが変化して、お肌もキレイになります。
血行も良くなり、見た目にもどんどん美しくなっていくものです。

ところが、恋愛中に醜くなってしまうことがあるのをご存知でしょうか?
嫉妬心、そして猜疑心を抱いたとき、驚くほど醜くなってしまいます

狩猟採集時代、男性は外で狩りをしていて、女性は木の実を集めていました。
そうしながら、子育てもしていました。
このため、男性は奥行きのある立体的なものを見る能力に優れています。
_M023684_TP_V
たとえば、男性はタンスに入った靴下を探すのが苦手です。
女性は車の車庫入れが苦手です。
これは、男女の脳の構造による違いになります。

さて、女性はこうした「近くを詳細に見る」能力に優れています。
なので、男性のちょっとしたしぐさに敏感に反応します。

不機嫌そうな顔をしてるけど、何か気に障ることでもしたかしら
せっかくのデートなのに、ちっとも楽しそうじゃない
もうわたしのこと嫌いになったのかな

もちろん、このとき男性はただ考え方をしているだけだったりします。
またぼんやりしているだけだったり、他意のないことがほとんどです。

しかし、わたしたちの意識は放っておくと、マイナスのイメージを持ちます。
そればかりを膨らませてしまう傾向があります。
そして恐ろしいことを考えます。

「きっと、そうよ。わたしのことが嫌いなのよ」
と決めつけてしまうのです。

kawamura20160818403614_tp_v
浮かんだ疑問を、疑問のまま放置しておくことがストレスになるからでしょう。
たとえ自分が望んでないものであれ、何らかの答えを求めようとしまうのです。

このマイナスの連想と決めつけは、恋愛に限らず、友達関係でも起こります。
大切な仕事を進めている最中にも、しばしば沸き起こってくるものです。

さて、こんな猜疑心が浮かんだときにこそ大切になるのが「話し合い」です。
あなたが疑問に感じたことを、素直に相手に訊いてみましょう。
ここで注意すべきことがあります。

絶対に「決めつけてかかった質問をしない」ということです
「わたし、何か気に障ることした!?」
「つまらないデートだと思ってるんでしょ!?」

こんな結論ありきの質問をぶつけてしまったのでは、まともな話し合いができません。
相手も感情的になるでしょう。

「難しい顔をしてるけど、どうしたの?」
「さっきから黙ってるけど、どうしたの?」
こうして、純粋な疑問だけを相手に投げかけるのです。

きっと相手の男性も素直気持ちを打ち明けてくれるでしょう。
猜疑心を解決する方法は、ただ「相手と話し合うこと」しかありません

yuka0i9a1561_9_tp_v
話し合いには勇気が必要かもしれません。
でも、しっかり向き合って話し合うことのできない恋愛関係は、どこか間違っています。
いつでも素直な言葉を交わし、いつでも話し合いのできる関係を作っていきたいものです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム