「演出効果」で気をもたせる♪


映画のように「好き」を演出♪

多くの場合、「彼女は告白すればOKしてしくれるだろうな」。
と男性が確信できたとき、ハードルが下がって告白できるものです。
男性は傷つくことを、とてもおそれるからです

「なんでその女の人とお茶とかするの?悔しいー(笑)」。
「あなたといるといつもワクワクする♪」。

このように、「好き」「つきあいたい」とはいわずにほかの表現で伝えます
相手に「あれ?オレに気があるよね?」。
と思わせると、彼の気持ちはどんどん盛り上がっていきます

MOK_kyouheisu-yossya-thumb-815xauto-13628
また、「よし、二人でどこかに行っちゃおうか」。
「あなたと一緒に世界一周行きたいなぁ」。
などと、本気か冗談かわからない、決定的ではないセリフを言った場合。

男性はたまに心をぐらっと動かします。
「あなた【みたいな人】好き」という表現と目指すところは似ています。

たとえば映画や小説も「愛の激しさ、優しさ」「友情の素晴らしさ」「命の尊さ」。
などを一言でいえることを、あらゆる登場人物、セリフや演出を通じて私達に伝えます。
私達は、話の内容が知りたいのではなく、その演出が見たいのです

たとえば、遠ざかる彼の姿を見ながら肩をふるわせて泣いている。
彼女の忘れていったマフラーにほおずりする演出。
このように間接的に「好き」「愛している」を表現します

それと同じで「好き!」というかわり、このような演出をしてみましょう。
「昨日部屋に帰ってきて、あなたの写真に【ただいま】っていっちゃった」。
「あなたのことを思い浮かべると、ほほえんじゃってるみたい」。

このような言い方をすることで、心にじんわり残る愛情表現ができるのです
「好き」「愛してる」の言葉は、ストレートでもちろんうれしいものです。

ですが、何度も思い出してしまうのは、「好き」を演出した表現だったりします。
無限の豊かさがあるからです
こういう表現は告白してもらいたいときにかぎらず、どの段階でも使えます。
kazuki180110gfdrsdfg-Edit_TP_V

普段は全然好きというそぶり見せず、「ぜったいオレに気がないだろうなぁ」。
と思っているであろうときにこんなふうにいわれる。
すると男性はあなたの真意がわからなくなります。

そして、相手はあなたのことを意識し、考えてしまうようになっていくのです
それがいわゆる、うまく「気をもたせる」ことの効果です

そしてそろそろ告白かなという時期になったら、回数をふやして相手に確信させてあげる。
これが調整しやすい「好き」の表現です

PAK75_sunahamanihart20140725_TP_V
心にじんわり感を与える間接表現を使うのが効果的と知っておきましょう
ぜひ使ってみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム