「調整する力」でルールを知る♪


「らしさ」はルールの上に成り立つ♪

世の中には、見た目の印象とその人自身の間に、ギャップがある人もいます
逆に、「その通り」と思わせる人もいると思います

自分は決して性格的におとなしい方ではない。
なのに、分析によると自分の見た目は、「すごくエレガントな感じ」。
と出たとしましょう。

それなら、もうちょっとクールでカッコイイ感じに見られたいな、と考える人もいます。
また、見た目と中身のギャップを自ら楽しんでいこう、と思う人もいるはずです。
これはまさに、その人の性格、考え方、ライフスタイルなどに関わってくることです
GMKN_STUDIO_018_TP_V4

キャリアを目指す女性なら、プレゼンではナメられそうな見た目にしたくない。
と思うかもしれないし、自由業なら、別にギャップがあってもいいと思うかもしれません。

自分で見た目のコーディネートをするとき。
第一に注意しておきたいのは、見た目が与える【意味】です

それに注意しないと、良い意味で狙ったギャップが単なる【違和感】
となってしまうことがあります

茶髪の銀行員、超しっかりメイクの保母さん。
ムダ毛がそのままのカクテルドレス姿、ダウンスタイルのヘアに訪問着。

こうなってしまうと、その人の性格云々ではなくなります。
周囲に対するマナー違反という烙印を押されかねません
誰だって、茶髪のホストみたいな銀行員にお金を預けたいなんて思わないでしょう。

やっぱり、ふさわしさは大切です
ある意味でルールみたいなものです
それさえわかっていれば、他はいくらでも自分らしく調整していいと思います。

312TSURUTAMA20211_TP_V
たとえば、パーソナルカラーを診断したとしましょう。
「SPRING」というカテゴリーに属したとします。
明るく、温かみのある色が似合うと、という判定です。

でも、たまには淡い色が着たい、クールな感じにしたい。
その衝動はそうそう簡単に抑えられるものではありません。

だから、そんなときは堂々と着ていいのです。
でも、淡色一色にしないで明るい組み合わせたり、生成りの白を入れたりする。
そうすることで、自分になじむようにカスタマイズするのです

自分の性質を知っていると、そういうことが足し引きしやすくなると思います。
今の自分が持っている性質と目指したい雰囲気、それを見比べてみます。
しっくりこないなら、調整していく。

一日一日を、自分らしくいられるためにどんな調整をしたらいいのか
それを考えてモノ選びをする
それはとても楽しいと思います

togitsuFTHG2213_TP_V
ルールがあってこそのゲーム、基礎的な原理を知っていてこその応用です。
調整力という応用力や知識のためには、避けて通れない知識があることを知っておきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム