「近さ」で好意を持たれやすい♪


隣の席の人に恋をしやすい理由♪

人は、近くにいると親しくなりやすといいます
ゴールインしたカップルの中にも「職場が同じだった」という人が多いものです。

子供のころを振り返ってみても、初恋の人は、席が隣の人。
家が近所の人などが多かったのではないでしょうか。

近くにいる...たとえば、同じ職場の人や、家が近所の人。
遠くにいる人より相互に接触する機会が増えます

自然と顔を合わせることも多く、会話をするようになります。
すると、互いのことについて知るようになります。
話をする回数が増えれば、相手に対して親しみを覚えます

SEP_329915201730_TP_V
そして、相手に好意を抱くようになります
距離的に近い人ほど好意が生まれやすい理由としては、次のような点も挙げられます。

〇顔を合わせるチャンスが多くなり、話をする回数も増える。
〇相手の興味、生活、習慣、態度などがわかるようになる。
〇共通の話題があると、互いに親しみを覚える。

〇会話をしたり、出かけたり、一緒に過ごす時間が多くなれば、さらに親密度が深まる
〇困ったときに助けてもらったり、悩みを聞いてもらったりして、相手に好意を抱く。

Photoelly001_TP_V

トラブルが多いのも近くの人

近くにいる人と会ったり、一緒に行動したりする。
それは遠くにいる人よりも労力コストがかからなくてすみます。

なので、相対的に心理的な報酬が多くなります。
そのため、好意を持ちやすいと解釈するのです。

人は遠くにいる人より近くにいる人を好きになりやすいのです。
つまり、近くにいれば、自分をさらけ出すことができるからです
一方、遠方にいる相手とは接触の機会が少なくなります。

親しかった友達も、遠くに引っ越してしまうと、お互いの印象は薄れていきます。
そして、いつの間にか疎遠になってしまいます。
遠距離恋愛が難しいといわれるのも、こうしたことが原因です。

近くにいる者同士の間で一度トラブルが生じてしまう。
すると、遠くに住んでいる者同士よりもこじれやすいということもあります。

というのは、近くにいるだけに、お互い嫌な感情を持ってしまうと気まずくなるからです。
倦怠期の夫婦がいい例です。
こういう場合は、なるべく早く謝るつもりで関係を修復したほうがいいでしょう。

近くにいるほうが恋に発展しやすい理由
それは遠くにいるよりも会って話す労力が少なくてすむからです
そのため、好意にもつながりやすくなるのです

5V7A9958_TP_V
チャットレディのお仕事に置き換えてみましょう。
お客様と数回会話を交わしていくことで距離が縮みます。
そのためには、一度だけの会話に終わらせないようにしなければいけません。

リピーターになって頂くために「会話」「表情」「しぐさ」「身だしなみ」etc。
これらのことを駆使して距離を縮めていくようにしましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム