「場に合う」会話をしよう♪


あなたの魅力を増すテクニック♪

聞き手の「こうしてほしい」という要求は多岐にわたります。
魅力ある話し方にするために、その一つ一つを察してあげる必要があります

そういう意味では、話というのは、単に「どういうことばを使うか」。
ではなく、話す時の態度、表情、語調、語勢、しぐさをなどを含めたもの
それらを「どうしたらよいか」という、いろいろな要素の総合です

話し方やことばづかいは、固定した紋切り型のものではありません。
そのときの状況に応じて微妙に変化するものです。
hon2

いつも決まりきった通りいっぺんのことばを同じような調子で話す。
それは、魅力的ではありません。

あるときは、もっとも強い敬体で話すことがあり。
あるときは、そうバカ丁寧にに必要はない、ということもあるわけです。
なれなれしくやるとか、大きな態度にでる、ということではありません。

その立場に応じたことばづかいがあります
いろいろな状況の変化に関係なく、いつも通りいっぺん話し方をしてしまう。
するとまわりに違和感を起こさせてしまうだけです。

YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V
ことばづかい話し方が変わる契機には、いろいろあります。
ここでは次のことをあげておきたいと思います。

〇心理的な契機
この中心になるものは「親しい」とか「あまり親しくない」といった感情です
つまり、親疎の差によって、お互いの話し方は変わってくるということです。

しかも、自分が相手をどう思うか。
そうではなく、相手が自分をどう思っているかが問題なのです

「そんな話し方をされるほどの、親しい仲じゃない」。
となったら、その人との対人関係に見合った適切な話し方ではないということです。

SAYA072155940_TP_V
うっかりすると、それからあとの会話にブレーキがかかることがあります。
心理的契機は、社会的、物理的なものが基礎になります。
それが心理に影響を与えることもあります。

〇物理的な契機
宴会の席と、お通夜の席とでは、おのずと話し方も変わってきます。
また、変わらなければおかしいでしょう。

悲しみの席で場をわきまえないではしゃいでみたり。
逆に楽しいパーティーなどに沈み込んでメソメソと話していたり。
それでは、まわりまで不愉快になってしまいます。

話し方が悪いというだけでクレームが入ることが多々あります。
頭上から何か落ちてきた、などというような緊急の場合。
相手が上位の人であっても、つい「あぶないッ」と、どなることもあります。

普通なら「あぶないですよ」などと、穏やかに敬語を使って知らせてあげるところです。
私達は、日本語という言語習慣の中で育ってきました。
一応「このようなときにはこのようなことばを」といったパターンが身についています

yuka0i9a7452_tp_v
いつでも、だれに話すときでも、平気で同じような話し方をする人
そういう人は、他人の痛みがわからない人、教養のない人ということになるのです
ですから、話し方は思いやりであり、配慮であり心づかいなのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム