「明るさ」も相手次第で♪


明るさも相手の状況に合わせられる女性♪

明るい性格と暗い性格。
どちらが好きですかと聞かれたら、まずふつうは明るいほうをとるでしょう。

もし、いつも泣きそうな目でジトーッと相手を見つめている。
いつも押し黙っている暗い人がいたとします。
周りも重い雰囲気になってしまいます。

いつでもニコニコほほえんで明るい人なら、一緒にいるだけで場が明るくなります
接客業ではなおのこと明るい女性が喜ばれます。
暗いイメージの子を、わざわざ指名するお客様はあまりいないでしょう。
PAK57_konoatodoushiyoukanato-thumb-815xauto-15669

しかしこの明るさとういうのがクセモノです
勘違いすると失敗のもとになります

たとえば誰にでも、仕事や私生活のことで、なんとなく気分が滅入る日というのがあります。
あるいは疲れがたまって元気がないということもあります。
そんな時は飲みに出ても、あまりワーワー騒ぐ気になれないものです。

むしろ嫌な気分を、優しく穏やかに女性に癒してもらいたいから飲みに出ます
ところが鈍い女性はそこがわからないのです。

何でも「明るく」騒げばいいと思っています。
だからいつでも相手が誰だろうと、お客様が座ったとたん。
一方的にうるさくしゃべりかけます

「きゃー!!久しぶり、この前私がいない日にいらっしゃったんですね。」
「本当に嫌になるぅ。まあいいけど。で、あの話はどうなったの?」
「待ってたんだから、ね、ね、早く教えて....」

たまたまこれでお客様の気分が明るく変わってくれれば儲けものです。
実際そういうことも時にはあるでしょう。

だから一概に何でもワーワーやるなということではありません。
しかし明るいのとうるさいのとは意味が違うのです
JSK542_kanpai_TP_V

バリエーションのある話し方を♪

最初からこちらの気分などおかまいなしで能天気に振る舞われる。
やはりウザイだけです。
「ちょっと黙ってくれないかな」と、言いたくなります。

お客様の気分や状況はいつも同じではありません。
つねに「今日は、今は、どうなのかしら」という気持ちがなくてはダメです

ちょっと気のきく女性なら、お客様が店に入ってきたときから様子をよく見ています
「ちょっと疲れ気味かな」「何だか怖い顔をしている」「落ち込んでいるのかしら」
といった具合です。

いつもよりしとやかな調子で挨拶したり、あとはお客様が話し出すのを静かに待つ
また、とにかく自分のペースではなく、お客様のペースを優先するように努めます
接客業に限らず、人に好かれるには明るいほうがいいのです。

にぎやかな人、楽しく騒げる人も求められます。
しかし時にはどれもうるさく鬱陶しくもなります。
相手や状況に応じて加減する気働きが必要です

YUKA862_keirei15190122-thumb-815xauto-18584
ふだんうるさいくらいに明るい女性が、時にシンミリした話をする。
すると男性は「意外に奥行きの深い子なんだなぁ」と見直すはずです。
チャットレディさんも、お客様のその時の状況を把握できる気働きを身につけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム