「相手視線」で考える必要性♪


相手の視点にスイッチしてみる♪

喧嘩ばかりしている二人でも、小さなきっかけで急に仲良くなれたりします。
おつき合いをしていると、彼に対して腹を立てることも当然あるでしょう。
そんなときはたいてい、自分の視点だけから相手や状況を見ているものです。

そこで逆に、彼の視点に立って見てみるとします
すると、理不尽だと感じていたことも急にストンと納得できたりします
また相手の意見が理解できたりします。
kawamura1029IMGL4517_TP_V

人間はどうしても自分がかわいいので、自分を中心に物事を考えてしまいます。
ですが、相手の目から見ると、同じ物事でも全く違って見えます

よい関係を築くためには、自分中心の視点だけに留まらないことです
相手の立場に立った視点を持つようにする必要があると思います
つき合っている相手とはいえ、自分と違う他人です。

いままで育ってきた環境も、価値観も、当然すべて同じではありません。
相手のことをわかろうとしても、完全にすべてわかることなどできません。
だからこそ「何かを求め合うか」が重要です。

長く良いつき合いをしたいと思うのは当然だと思います。
受け身ではなく自分が相手に向けて、そのための行動をしなければいけません。

相手に理想のパートナーになってほしいと望んでいる
ならば、自分も相手にとって理想のパートナーになる必要があります
yuka16011215img_5574_tp_v

彼にとって、あなたの存在は必要なのか、彼の側に立って考えてみてください。
自分の視点で自分のことを見るのではなく、彼の視点から自分を見てみるのです。

好きな人に対しては、何かを「してあげる」のではありません
「してあげたくなる」のが普通です

何も大げさなことではありません。
たとえば、タバコを吸う彼なら、さっと横から灰皿を替える程度のことでもいいのです。
彼はちゃんと見ています。

「してあげたい」という気持ちが自然に表れた行動に、男性はとても弱いのです
そして、そういうことをしてくれる女性を放したくなくなります。

彼は自分自身だと考えてみてください。
誰でも自分に対しては、やさしくしたくなるものです。
そう思ってやさしく接していると、相手も自分にやさしくなるはずです。

YUKA20160818043414_TP_V
喧嘩をしているとき、勢いにまかせてきつい内容のメールを送りそうになったとき。
送信する前に、こんなメールをもらった自分はどう思うかと考えてみます。
きっと苦しい気持ちになるだろうなと思えば、送信せずに削除するのではないでしょうか。

相手の気持ちに立つということは、シンプルですが実際にはなかなか難しいことです
だからこそ、努力してそれができれば幸せな関係が築けるのではないでしょうか


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム